音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

エンジン全開!

音の葉Home Concert ホームページ リニューアルしています
http://otonoha-concert.com

1月のテーマは「新たに」

新しい1年の始まりの月、今年も1回1回、大事に音の葉のライブをお届けしようと思います。

まず明日の夜(1/22)19:30~ クルミドコーヒーで開催する「音の葉の夕べ」
今月はspecialバージョンでお届けします。

旅する楽譜 ~バロックの夕べ:鶴田洋子、鷲見明香


d0178669_22421180.jpg
なんとオランダから一時帰国中のバロックヴァイオリン、バロックフルートのお二人。
とても珍しい編成です。
詳しくはクルミドコーヒーのブログをぜひご一読ください!
http://ameblo.jp/kurumed/

バロック時代とは17世紀から18世紀初頭に作られた音楽のこと。
古い古い時代の音楽です。
日本でいうと江戸時代、ですね。

その頃、まだ電気などなく、現代とはまったく違う生活。
夜になれば、本当に真っ暗。
ろうそくの光だけの世界であった、そんな夜はどうだったんだろう。

車や電車などない中で、移動手段は徒歩、馬車?
石畳の上を馬車が行き交う、にぎやかな音が聞こえていたのかな。

人の声、家畜の声、馬車の音、遠くから聞こえる教会の鐘の音。

そんな世界で聴いた音楽は、どんな響きだったんだろうか。

明日の夜、クルミドコーヒーで、そんなバロック時代の生活を想像しながら、
その時代に活躍した楽器で、その時代に流行った曲などを聴いてみませんか。

まだ楽器自体も完成されていない時代のものなので、
現代のヴァイオリンとフルートとどう違うのか、その響きは?

小さな空間で、そしてあなたの目の前で、オランダからの演奏家たちが、
私たちをタイムスリップさせてくれます。
そしてバロック時代のヨーロッパへと誘ってくれます。

クルミドコーヒーだからこそ、の夜。
ご一緒できるのを楽しみにしています。












続く→ 1/23 は音の葉house!
[PR]
# by otonoha-concert | 2015-01-21 23:04 | ホームコンサートのご案内

音の葉Christmas、始まりますよ~!


音の葉Home Concert ホームページ 更新しています。
http://otonoha-concert.com

12月になりました。
クリスマスシーズンです。
毎年、この時期、期待していらしてくださる方が増えています。
ありがとうございます!
音の葉Christmas、始まりますよ!

今週は2回、公開練習を予定しています。
音の葉house 12/5(金) 10:00~11:30
クルミドコーヒー 12/6(土) 9:00~10:00

d0178669_17090775.jpg
d0178669_17093506.jpg
ヴァイオリン 佐藤奈美
ピアノ 紫芝のばら

12月5日(金) 音の葉houseに来てくれるのが、このふたり。
音の葉では多くのファンを持つ大人気のふたりです。

ヴァイオリンの佐藤奈美は、一番最初に私が「奈美ちゃんの音は土くさい、というか、埃っぽいというか・・・」と
言ったら、みんなが(本人も)「ほんとにそうだ!!」と言って、それからは土くさい音の奈美ちゃん、で通っています、笑。
あ、これはかな~り誉めているんですよ!

そして、ピアノの のばらちゃん。
どうして奈美ちゃんの伴奏してるの?といつも不思議になる演奏をします。
大胆かつ繊細。
しかも、とても軽やかでおしゃれ。
奈美ちゃんの土くささとは、正反対。

だけど、この のばらちゃんのピアノが、奈美ちゃんのヴァイオリンの音を一層引き立てるんです。
これにはびっくりです。

そして、のばらちゃんのソロでの演奏は、もうそれはそれは「のばらワールド」全開!
めちゃくちゃかっこいい曲を、緻密に、でも大胆に演奏します。
これには、いつもやられます。

なみのばらのコンビ、最強です。
まだお聴きいただいてない方、お待ちしております。
本番は12月11日。
10時からの回はすでに満席となっておりますが、13時からの大人の方向けの回はまだお席、ご用意できます。
公開練習では、なみのばらの魅力に迫ります。
毎回、この二人の公開練習は大爆笑で、大成功していますから、ご期待ください。

今週 12月6日の朝9時からのクルミドコーヒーでは、
マリンバ 長澤 彩
ピアノ 新明知美 が登場します。
d0178669_17104766.jpg
マリンバと聞いて、木琴?と思われる方、ぜひぜひいらしてください!
はい、その木琴がグレードアップしていまして、それはそれはかっこいいのですから!
きっと踊ってしまうかもしれませんから、動きやすい服装でいらしてください、笑。
私は汗を拭くタオルも持参する予定ですよ、笑。
公開練習は、マリンバの魅力、そして長澤 彩、新明知美の魅力にも迫ります。
マリンバのこと、どうぞ質問してみてください。
実際にみなさん、叩いていただくこともできます。
これは公開練習のみの大きなお楽しみです!
お子さまも大人も、みんなでマリンバ!! 

クリスマスですからね、盛り上がりましょう!

あ、どちらも朝、ですよ。
朝から盛り上がるのですよ。
もうすっごく楽しい1日になること、お約束しますから!

12月の音の葉、ご期待ください。

あ~、わくわくする。




[PR]
# by otonoha-concert | 2014-12-03 17:27 | ホームコンサートのご案内

伝説に残る朝

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています
http://otonoha-concert.com

d0178669_11050739.jpg
今日で11月が終わり、明日から師走です。
今年1年を振り返ると、本当にたくさんのことがあって
どのシーンも大事な大事な人生の1ページになっていると実感します。
日々の普段の暮らしが 人生になっていくのだ、と どなたかの文章を読んだことがありますが、
まさにその通りだと思います。

こうした普段のクラシックのライブが
血となり肉となり、私の身体の中を流れています。

今月もたくさんの方々にいらしていただきました。
今日はその中のひとつ、11月23日に国分寺市内で行われた「ぶんぶんウォーク」
クルミドコーヒーの朝をご紹介します。

中高生だけのクラシックコンサート

朝9時前から中学生、高校生たちが続々とクルミドコーヒーに来てくれました。
音の葉もクルミドさんも、中高生の方だけをお迎えしたのは、これが初めて。それはそれは新鮮でした。

d0178669_11152607.jpg


d0178669_11215141.jpg
写真をご覧になって、いかがですか。
中学生、高校生たちの熱いまなざし。
全身全霊で聴いてくれた、この姿は、ここに関わったすべての人の心を打ちました。

山口自身 子どものころ、今の師であるヴァイオリニスト大谷康子さんが、この日と同じように 山口の前に歩いてきて、
目の前で演奏してくれた、その時に「先生みたいなヴァイオリニストになる」と決意した。
今度は山口が人生の後輩たちにその想いを届ける番だと、それが今回のキャスティングの大きなきっかけでした。

この想い、伝わったと感じています。
聴いてくださったみなさんから、ご感想も頂戴していますので、
それは音の葉のメールマガジンにてご紹介していこう、と思っています。
(メールマガジンは、音の葉のホームページ、トップページからご登録ください)

音の葉の伝説に残る朝になったと思います。
いらしてくださった中学生、高校生のみなさん、
送り出してくださったおうちのみなさま、
クルミドコーヒーのみなさま、
たくさんたくさんお声かけてくださったみなさま、
心から感謝しております。

ありがとうございました。






[PR]
# by otonoha-concert | 2014-11-30 11:30 | 終了しました

ながはらがおすすめするクルミドコーヒーのライブ

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています。
http://otonoha-concert.com

朝晩ぐっと冷えるようになりました。姿見の池周辺の森の木々が、紅葉、そして落葉しています。
あんまりきれいな赤の葉っぱだったので、思わず拾って持ち帰りました。

今度の日曜日、クルミドコーヒーさんで「ぶんぶんうぉーく」に参加します。

中高生だけの音の葉コンサート
d0178669_12003526.jpg
今日は、今回私がどうしてヴァイオリン 山口優香に演奏してもらおうと考えたか、お話します。

前回のブログでもお話したように、
山口優香が小学生のころ、のちに師事する 大谷康子さんに出逢います。
その出逢いはまさに衝撃的だった、というのです。

大谷康子さん 公式ホームページ
http://www.yasukoohtani.com/index.html

クラシックは、ホールで、緊張感のある中で演奏される、というのが、まだまだ常識のようになっています。

ある日、山口が大谷さんの演奏を聴きにいった時、突然 大谷さんは歩きながら演奏して、山口の前に止まったそうです。

私(山口)のために、目の前で!!!

その時の衝撃たるや。

「私、大谷先生に習いたい。大谷先生のようになりたい」
そう強く思ったそうです。

そして、行こうとしていた大学を変更して、大谷さんが教鞭をとっておられた大学へと進路を変え、
現在に至っています。

山口がとても感銘を受けた、という大谷康子さんの論文をご紹介します。

以下、病院での演奏について書かれたものの抜粋です。

音楽に(もっと広く言えば芸術に)
触れる喜びは万人共通のものであるはずで,どんな患者さんであろうと例外ではない。だがその喜びの表現方法があまりに普通の方と異なる人がコンサート会場に入場することは恐らく難しい問題を引き起こすだろうし,ベッドに寝たきりになった方々の場合も医療的な安全を期することが困難であろう。
 ではどうすればよいのか。私は演奏家自身が音楽を求める人々の中へ入って行くことも必要だと日頃から考えていた。立派なコンサート会場を手配して貰って演奏を聴かせてやるという態度は間違いである。
 またボランティアという考え方とも違っている。芸術を志す者はいろいろな人々の間に進んで入って行って,人々の喜びや心の痛みや悲しみを肌で感じなければならない。つまり私が病院でコンサートを行うのは患者さんたちのためだけではなく,演奏家を志した私自身のためでもあるのだ。


詳しくはこちらをぜひご一読ください。
http://www11.ocn.ne.jp/~enigma/Yas.article.html


いつも山口優香は、「私の演奏を聴いてくださるというならば、私はどこででも、どのようにでもして伺います」
そう言います。
楽しんでいただくためには、私はどんなことでもする、というのです。

それはこの大谷さんの生き方に、深く影響を受けています。

今回の「中高生のためのクラシックコンサート」では、山口の演奏の先に、
これからを生きる人生の後輩たちに、心からのエールを送りたい。
自分ができることで、周りの人が幸せになることをして、生きていってもらいたい。
そんな想いが込められています。

その想いは、チームchant音の葉のメンバー、クルミドさんのスタッフさん、みんなの共通の想いでもあります。

日曜日はもうすぐ。

11月23日(日)
朝 9:00~
焼きたてのマフィンとワンドリンク付き
¥1500

保護者の方のご入場もお断りしています。

中学生、高校生のみなさん、心からお待ちしています。








More 今月の他の音の葉ライブのご予約状況です
[PR]
# by otonoha-concert | 2014-11-19 14:27 | ホームコンサートのご案内

中学・高校生のみなさんへ贈る とびっきりの朝

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています。
http://otonoha-concert.com

d0178669_12003526.jpg
私が音の葉を始めた時に、間近で聴ける生の音楽を
届けたい場所、届けたい誰か、というのが、たくさん、たくさんありました。
それは5年経った今もそうです。
その中のひとつに

『中学生 高校生に届けたい』

というのがありました。

昔、私がピアノのレッスンに通っている時、先生が「次回はこれを弾いてきてね」と
目の前で演奏してくださった、あの時。
「なんで私が弾くのとは、こんなに音が違うんだろう・・・」
ドキドキしながら聴いていたことを、今でも大切に思い出します。

もうすぐ学生生活が終わろうとしている大学時代、教育実習で行った母校の高校で音楽の授業をしました。
最後の授業は自分の好きなようにしていいよ、と恩師でもあった音楽の先生から言っていただいたので、
それでは、と ピアノで数曲、そして声楽でも数曲 演奏して、高校生たちにその時の私の精一杯の気持ちを伝えました。

私のつたない演奏だけの授業であったにも関わらず、授業が終わるやいなや、
生徒たちが私に駆け寄ってきました。
みんな目が輝いていました。

正直、自分の中ではぜんぜんうまく演奏できていなかったので、この反応にはびっくりでしたが、
でも、この日のことは心の中で 何か手ごたえのようなものを残していました。

いろんなことに迷ったり、不安になったり、他人の言動に一喜一憂したり
そんな大変な時を生きている 中学生、高校生に、ほんの少し先を行く人生の先輩が
好きで好きでたまらない演奏をしている姿を目の当たりにすること、
そして心を届けること。
全校生徒が入れるような大きな場所ではなく、お互いの息づかいをも聴こえる小さな場所で
「あなたに」と 届ける音楽。

そんな音の葉のライブを中高生に届けることはできないだろうか。
そう悶々と考えていました。

実際に学校に電話したこともあります。
教育委員会に電話したこともあります。
中学生、高校生のお子さんのおられる方にお声かけしたこともあります。
市役所の方に相談したこともあります。

あっちに行って壁に当たり、こっちに行って壁に当たり、、、。
結局、これは諦めるしかないのか、と でもまだ諦めきれずに悶々としていました。

ある日の chant音の葉のチームのミーティングの時。

11/23,24 の2日間開催される、国分寺のお祭り「ぶんぶんうぉーく」で、今年は音の葉はどう参加するか。
そんな議題の時に クルミドコーヒーのオーナー 影山さんが
「中学生、高校生しか入っちゃいけない、音の葉コンサートはどう?」
そう提案してくださいました。

もう夢のようなお話でした。

11/23 朝 9時から クルミドコーヒーで開催します。

中学生、高校生だけの音の葉コンサート。

(保護者の方のご入場もお断りして、開催します)

演奏は
ヴァイオリン 山口優香
ピアノ 武田麻里江

吹奏楽などで管楽器などをなさっている方も、今まで楽器を特に習ったことがない方も、
クラシックなんて聴いたことがない方も、ぜひ日曜日の朝、いらしてください。

音の葉のスタッフも、クルミドのスタッフさんも、もちろん演奏家たちも
中高生のみなさんにエールを送りたいと思っています。

参加費 ¥1500
ワンドリンク・焼きたてマフィン つき

今回、ヴァイオリン山口優香を選んだ理由は、次回のブログでお伝えしようと思います。
















[PR]
# by otonoha-concert | 2014-11-08 21:12 | ホームコンサートのご案内

今月の音の葉は

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています。
http://otonoha-concert.com

先日、真っ赤なりんごがたくさん届きました。
紅玉いう品種で、生で食べるにはちょっとすっぱい固いりんごです。
私はそのすっぱいのを生でいただくのも好きです。
でもひと手間かけて、ケーキやパイにすると、あぁ 秋だなぁ、と思います。

さあ10月の音の葉、盛りだくさんでお届けしていますよ!




音の葉house 10/17(金) 10:00~ ,13:00~
(午前は残席わずか、となっています)

クラリネット 佐々木純子  ピアノ 吉國美紀
フランス音楽を中心にお届けします。
d0178669_13562717.jpg

クルミドコーヒー
10/19(日) 朝9:00~ 
ギター デュオ  飯田敏史・伊藤亘希
南米の音楽を中心にお届けします。

(ご予約はクルミドコーヒー 042-401-0321)

d0178669_14045458.jpg
この黒板は クルミドスタッフの今田くんの渾身の作品! すごい!!毎回、彼は腕を上げています。 (あれ、ハードル上げちゃったかな、笑)
d0178669_13472070.jpg



おばあさんの知恵袋(絵本屋)
10/20 10:30~
ファゴット 小武内 茜
ピアノ 早坂なつき

ファゴットのために書かれた曲をメインにお届けします。
低音の響きは、秋にぴったり。


d0178669_14101707.jpg
ファゴットのケースの中は・・・


d0178669_13511670.jpg



阿佐ヶ谷 カフェドヴァリエテ 
10/24 10/25 両日とも 13:00 open 13:30 start
¥3000 (ヴァリエテさんの絶品のコーヒー、お菓子つき)
阿佐ヶ谷ジャズストリート


10/24(金)
ヴァイオリン 星野沙織
ギター 橋本翔太

このデュオは、以前クルミドコーヒーで大好評でした。
橋本のオリジナル作品もご期待ください!
d0178669_13550144.jpg
10/25(土)
サックス 石山佳奈
ギター 飯田敏史

ジャズストリートではありますが、
この二人はバリバリのクラシックを中心としたプログラムで
お届けします。

d0178669_14200483.jpg

d0178669_14203008.jpg




恵比寿アートカフェフレンズ
元NHKアナウンサー 村上信夫さんのトークライブ
「サヘル・ローズと考える いのち」
ゲスト サヘル・ローズさん

10/19 (日) 19:30~
¥3500 ワンドリンクつき
(ご予約はアートカフェフレンズ 03-6382-9050 )
リコーダー 深見奈央
チェロ 寺島志織
絵本の朗読の際に演奏します。
主に深見が作曲しました。
ご期待ください!

d0178669_13542482.jpg
Photo by HIKARU


d0178669_13535923.jpg



相模原 ARTISAN DE SOIN

10/26(日) 14:30 open 15:00 start
¥2500 (ドリンク、こだわり野菜のフード付き)
042-757-6230

フルート 下払桐子
ピアノ 新明知美
パーカッション 三矢真之

もう楽しくてたまらない!
そんな3人が贈る、日曜日の昼下がり。
パーカッションが入るといつものクラシックが
あれ?不思議!
思わず身体も動いてしまう、そんな時間になるかも。

d0178669_13531790.jpg

10月の音の葉は レギュラー会場の3つに加えて、阿佐ヶ谷、恵比寿、相模原 全部で6会場、総勢14名の演奏家たち、
豪華にお届けしてまいります。

お問い合わせ、ご予約は音の葉のHPから。

お待ちしています。



[PR]
# by otonoha-concert | 2014-10-14 14:41 | ホームコンサートのご案内

好きなことをすること

音の葉Home Concert ホームページ ご覧ください。
http://otonoha-concert.com

秋は月がよく似合います。
十五夜、そして十三夜。
先日は皆既月食、ブラッドムーンという赤い月でとても神秘的でした。

月をテーマにした曲もたくさんありますが、
人類が月に着陸して以来、少なくなってしまった、と言った人がいました。

でも、たとえそうであっても、やはり月は素敵だなぁ、といつも眺めています。

先月の音の葉のテーマは「月明かり」でした。

今月は「山粧う」
ヤマヨソオウ と読みます。
山の木々が赤や黄色に紅葉する様を 山粧う、う~~ん、この表現、好きだなぁ。

春は 山笑う
夏は 山滴る
冬は 山眠る

ね、素敵でしょ。
こうして季節を感じて生活するって、豊かだなぁ、と思います。

東京は台風が過ぎ去りました。
また秋が一日、また一日と深まっていきます。

ところで、ここから。
今日は「好きなことを仕事にする」ことについて、書いてみようと思います。

仕事にする、というとハードルが高いかもしれませんね。
とにかく「好きなことをする」ということについて。

ある人が言いました。

努力とか忍耐とか言ってる時は、ほんとはそのこと、好きじゃないんだよ。
向いてないんだよ。
好きっていうのは、努力じゃない。
ただただ、好き、それだけなんだ。

私はよく「好きなことしてて いいね」と言われます。
はい、その通り、毎日 楽しくて楽しくてどうしようもないんです。

もちろん、失敗すること、いっぱいです。
もう大きな穴を掘って、すぐに入ってしまいたいこともよくあります。
好きなことばっかりしててこう言うと、信じてもらえないこともありますが、
ほんとに失敗はいっぱいです。

それでも楽しいんです。

とはいえここまでくるのには、好きなことばかりしていたわけではありませんでした。

最初から好きなことばかりやってる人もおられるかもしれませんが、
私の場合は、あれやって、これやって・・・壁にぶつかって
方向転換して、またぶつかって・・・

この繰り返し。
好きかもしれないから、ということをずっとあれこれと。

しかしこの繰り返しの中で、少しずつ少しずつ、取捨選択していました。

やってみたけど、違っていた。
違ってはいたけど、こうだったら良かったかも。

これはおもしろい!
でも、ここはちょっと違うかも。

そんな小さなハギレを、心の中で少しずつ溜めては、時々取り出して整理して。

そんな中で、自分のできないことを思いっきり認めていかざるを得なかった、それは痛みも伴った選択でもありました。

反対に、これが好きなんだ、こうしているとワクワクするんだ、という本当に凝縮した形で
思い描くようにもなっていきました。

もちろん今でもまだ試行錯誤の日々。
しかし、この試行錯誤の楽しいことといったら!
できないこと、うまくいかないことだらけなのに、それをどうしたらうまくいくようにするかを
考えている時間は 私にとって至福の時間なんです。

悩んでるのに楽しいって、自分でも笑ってしまいます。

でも、これこそが「好きなことをする」ということなんじゃないか、と思うのです。

これはきっとすべての人に起こることだと思っています。

ラッキーな人は、目の前に降りてきたラッキーに気づくからラッキーなんです。
それは、いつも探しているし、求めて進んでいるから、気づくのです。
ふと降りてきた時に、素直に手を出すことができるからラッキーなんです。

そしてその進みたい先にあるものが、
「誰かが幸せになること」

これさえ心の中で温めていれば、きっときっとその道は開かれると信じています。




[PR]
# by otonoha-concert | 2014-10-14 12:42 | ホームコンサートのご案内

おハガキお待ちしています

音の葉Home Concert ホームページ 新着アップしています
http://otonoha-concert.com

今日は中秋の名月。
私はこの日、満月になるものと思っていました。
違うんですね。
明日が満月。
今日の東京は曇り空。
お月さま、夜には顔を出してくれるかな。

昨日、私は娘に誘われて映画を見に行ってきました。
久々の渋谷、やっぱり都会だった・・・笑
「リトルフォレスト」
岩手の山の中で、若い女の子がひとり、ほぼ自給自足をしているお話でした。
夏~秋の岩手。
田んぼや畑で自分が食べるものを作り、その材料で実においしそうなお料理を次から次へ。

薪ストーブでパンを焼き、自分で作った干し芋をあぶり、
たくさん採れたトマトを湯むきして塩漬け、瓶にいれて保存。
それでパスタにしたり、そのまま食べたり。

アケビを採ってきて、中の実はスプーンですくっておやつに
外側の皮は、クミンなどと一緒に炒めてそれはそれはおいしそうな一品に。

お店には自転車で30分。
冬は雪が積もるから徒歩。
ほとんど買い物には行けない。

でも、そこには悲愴感など微塵もなく、農業や料理で 新しいことに挑戦していく主人公の女の子の
たくましさや豊かさが際立っていました。

ちょっと感激。
もちろん、映画だから美しく見えるんだろうけど、
でも、映画にして公開するような時代がきたんだ、となんだかとっても嬉しくなりました。

ちょうど渋谷に向かう電車の中でラジオを聞いていて、
その番組が「里山資本主義」についてがテーマでした。
今まで当たり前に思っていたこと、ごみだと思っていたものが
実はとても大事で、これからの日本にとって大きなテーマになるんじゃないか、と。
木くずを捨てずにチップにしたり・・・。
日本の国土のほとんどは森林、ですから。

幸せってほんとに目の前にあるんだ、って思います。
ごみだと思っていたものが宝だったり、
自分で作った野菜でお料理したり、
そこまでいかなくても、
今日はお月見だから、おだんごをこしらえなくっちゃ、ってわくわくしたり。

田舎に住んでいても、都会に住んでいても
わくわくはいつも目の前にあります。
それは自分の心の中に。

今の私のわくわくはね・・・ふふふ。
内緒。
もうちょっとしたら、公開できるかも!!

さて、今日もそのわくわくの準備、がんばるぞ。

あ、間違いました。
がんばってないです。
楽しんでるだけです。笑




今日から裏話を先に書くことにしました、笑
(それって裏じゃないじゃん)

なので、ここから後は「今日の伝言」

今月の音の葉、今週からもりもりお届けしますよ~!







今日の伝言 
[PR]
# by otonoha-concert | 2014-09-08 15:17 | ホームコンサートのご案内

どなたか恵比寿、ご一緒しません?

音の葉Home Concert ホームページ staff紹介ページ、「演奏と身体」、更新しています
http://otonoha-concert.com

今日から9月になりました。
きっと暑いだろうなぁ、この夏、どうやって暑さを乗り切ろうかなぁ、
そんなこと心配してた7月。
そして8月初めはとっても暑かった。

し、しかし。
8月初旬から福岡に行っていた私は、博多の街をぶるぶる震えながら歩いていました。
さ、寒い・・・。

東京に戻ってきて、あら~。
西日本のお天気をそのまま持って帰ってきてしまった。

すっかり秋になったような感じですが、
みなさま、お元気ですか?

8月の音の葉は、クルミドコーヒーで開催した公開練習、本番、そして音の葉の夕べ。
本当にたくさんの方々にいらしていただきました。
ありがとうございました!

また本番の時には、ヨーヨー釣りなど皆さまにたくさん手伝っていただきました。
ありがとうございました!!

私が不在の時にも、こうして音の葉の続けることができる、これこそ
chant音の葉というチームのおかげ、そして協力してくださった皆さまのおかげなんです。
(chant音の葉のスタッフ紹介、HPにて →●)

さぁ、9月。今日から子どもたちの多くは新学期。
心機一転、私もまたがんばりますよ!

9月、10月のご予約、早々にいただいています。

9月のhouseの午前のライブは、残り1席となっていますので、お急ぎください。





今日の裏話 内緒、内緒のびっくりイベント!!
[PR]
# by otonoha-concert | 2014-09-01 12:27 | ホームコンサートのご案内

熱い8月のクルミド!

d0178669_18054141.jpg


8月のクルミドは いつもとちょっと違う雰囲気でお届けしようと思ってます。

フルート 下払桐子
ピアノ 新明知美
パーカッション 三矢真之

この3人、新しいことに 果敢に挑戦します。

まずは明朝の公開練習。

演奏家たちの素顔が見えるこの時間を
私たちは とても大事に思っています。

どこで呼吸を合わせるか
お互いの曲に対する想いを、どこでどうすり合わせていくか
ということが 演奏するにあたって とても重要であることを この公開練習で実感します。

この練習をご覧になってから 本番もご覧になると…たぶん今までのクラシックのイメージとは違うことに 気づかれるのではないでしょうか?

これはきっとクラシックだから、ではないと思います。

他のジャンルの演奏の場合も
そして音楽だけでなく、スポーツの世界でも
異分野のところでも きっと 裏側を知ると
もっと楽しめるだろう、と思っています。

今月は
8/9 公開練習
8/17 本番
いずれも朝9時から。

そして今月の音の葉の夕べは
パーカッション 三矢真之が登場します。

三矢真之のサービス精神は はんぱではありません!笑
どうしたら いらしてくださった方々を
喜びの中に 巻き込むか
絶対に 後悔させないぞという
それは 三矢自身への挑戦でもあります。

音の葉の夕べ
8/14 夜7時半から。

あ、それから お知らせ!

8/17 の 本番の後で
クルミドコーヒーの店頭にて
小さなヨーヨー釣り、やります‼︎

1回 10円。

演奏家たちの 衣装にも 注目ですよ。
なんと、浴衣や甚平などで 演奏します。
クルミドコーヒーのオーナー 影山さんも
浴衣の予定です。

良かったら 朝は早いのですが、
浴衣をお召しになって
クルミドコーヒーで 音の葉のライブ、
聴いてみませんか?

めちゃくちゃ 盛り上がること
お約束します‼︎


ご予約は クルミドコーヒーまで
042-401-0321

お待ちしています。


今日の裏話
[PR]
# by otonoha-concert | 2014-08-09 00:48