音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今回も熱いトリオカルディア!

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています
http://otonoha-concert.com

初夏のような東京です。
今週から来週にかけて 音の葉はたくさんのライブを開催します。

テーマは「緑の風に乗って」

音の葉houseの目の前の姿見の池周辺の森の木々も 日に日に緑が濃くなっています。
時折 吹き抜ける風が心地よい、まさにこの季節にお届けしたいプログラムでお待ちしています。

5月のライブ スケジュールは こちら→⚫︎

d0178669_1639223.jpg

先日、音の葉houseで開催した今月の公開練習の模様です。
この日、たくさんの方々がいらしてくださいました。

トリオカルディア
フルート 日野真奈美
ヴァイオリン 星野沙織
ピアノ 高橋亜侑美

「私たち、いつも1時間半くらいなら 休憩なしで練習しているので、今日もがっつり練習します」と
本気モードでの公開練習でした。
この3人のプログラムはびっくりするくらい ぎっしり。
(当日 お渡しするプログラム、作成する時に これだけの曲の文字が全部入るのか、と
音の葉のスタッフは 曲の多さにびっくりしつつ PCとにらめっこの作業をしています)

ここで午後の回のプログラムをご紹介します。

フィガロの結婚 序曲 モーツァルト
花の歌 ランゲ
小組曲より第一曲 小舟にて ドビュッシー
2つのヴァイオリンのためのコンツェルト BWV1043 より第1楽章 J.S.バッハ
クラリネットとヴァイオリン、ピアノのための組曲 アルチュニアン

フルート、ヴァイオリン、ハープのための2つの間奏曲 イベール
風の国 ゴンチチ
風のオリヴァストロ 宮川彬良
ブエノスアイレスの春 ピアソラ
風笛 大島ミチル
木蓮の涙 スターダスト・レビュー
チャルダッシュ モンティ

いかがですか?
このプログラム、音の葉houseという小さな場所で1時間半 途中休憩を挟みながら
目の前で 楽しんでいただくのです。
前半は しっかりクラシックを、後半はちょっとラフに。

「今」を生きている生身の人間が 目の前で 今ある「生」を必死に 生き抜く様は
どんな小さな赤ちゃんにも、障がいをお持ちの方、お持ちでない方、国籍の違い、、、
いかなることもあっという間に乗り越えて、大事なメッセージは音を通して伝わるのです。

5月14日に開催した音の葉houseでの公開練習に 2名の障がいをお持ちの方とそのご家族、
ヘルパーさんがいらしてくださいました。
私はずっと障がいをお持ちの方と出逢いたい、と思って音の葉を続けてきました。
ここ数年、少しずつその想いが届くようになったのか、いらしてくださるようになり、
とても嬉しく思っています。

小さなお子さまをお持ちの方も同様におっしゃるのですが
「静かにして聴けないんです」
「じっとして聴けないんです」
音の葉は そういった方に、そのご家族に 届けたい。
素直に音楽を楽しんでくだされば それでいいのです。

そして素敵なことに、この日 聴きにいらしてくださった他の方がみなさん、
「障がいをお持ちの方々と同じ空間、時間をご一緒できるのが嬉しいです」とおっしゃったのです。

そしてこの日演奏してくれた トリオカルディアの3人も
「このような機会を与えてくださってありがとうございます」とメッセージを寄せてくれました。

一期一会ではありますが、この出逢いが空間を温め、一緒に音楽を楽しむことで
嬉しい時間になるのです。

いらしてくださり、本当にありがとうございました。

音の葉houseのライブ会場は2階なので、車椅子が上がりません。
でもみなさんが 抱っこしてくださったこと、心から感謝しています。
たくさんの方がお手伝いくださったことも感謝しています。

今週金曜日(5/22) いよいよ本番です。
まだお席ご用意できますので、ご連絡ください。
080-1237-8012

最後に
14日にいらした障害をお持ちの方のご家族が作られた
NPO団体(重症心身障害児・者の余暇活動などを行う)の連絡先です

NPO法人ひょうたん島
代表理事 樋代 景子さん
090-1051-3622
oyayubimikihime_hyoutanjima@docomo.ne.jp
[PR]
by otonoha-concert | 2015-05-20 18:06 | ホームコンサートのご案内

『ピアノの泉』いよいよ始まります

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています
http://otonoha-concert.com

音の葉を始めて5年と5か月になります。
その間、いろんなことがありました。
たくさんの出逢い、たくさんの喜び、
時には 失敗し、そしてまた立ち上がり。

いつものレギュラー会場、ご依頼いただいた場所での演奏など
数えれば きっと100どころではない数のライブを開催させていただいてきました。

その中でいくつも気づいたことがあります。
どうすればもっと「こうなりたい」と思うことに近づけるか。
「こうなりたい」に近づくために これをやりたい、あれもやりたい、という項目が挙がってきました。

その中のひとつ、ピアニストに向けたピアノ講座『ピアノの泉』をこのたび立ち上げることにしました。
http://otonoha-concert.com/piano/

ピアノ調律のエキスパート 三矢真人さんを講師にお迎えして 6月8日(月)をオープニングの日にしました。
その後、7月から2か月に1度、全6回 三矢さんから ピアノの調律のことだけにとどまらない、ピアノという楽器全般についてお話していただきます。
時には実践的なことも交えて。

そもそも 三矢さんと私の出逢いは 音の葉houseのピアノを調律していただいたのがきっかけでした。
それは昨年の3月のことでした。
普通、ピアノの調律は、この部分が気になる、など 普段演奏していて困ったことなどがある場合は特にそのことをお伝えして、数時間かけて調律、メンテナンスして
いただきます。
そして ありがとうございました、とお礼を言って、次回はいつごろ、なんてお願いして終わりです。

三矢さんの場合は、すでにその日から「ピアノの泉」でした。
おそらく私が「なぜ音の葉をやっているのか」ということにも興味を持ってくださっていたのもあるかもしれませんが
調律が終わった後、お昼ごはんも食べるのも忘れて3時間、ドイツでの修行時代のこと、
その修行時代に目の前で ベルリンの壁が崩壊するのをご覧になっていたこと、
そもそも どうしてドイツに修行にいったのか、ということ
そこで何をなさっていたか
ドイツに行かれる前はどうなさっていたのか
いったいピアノっていう楽器は...

もうそれはそれは 目からうろこの話が次から次へと、まるで泉のごとく湧いてでてくるではありませんか。

たぶん私はその時 ハトが豆鉄砲をくらったような顔をしていたのだと思います。
三矢さんは笑いながら、「僕はピアノについて、たくさんお伝えしたいことがあるんです。 実際にそういう講座を持って
教えていたこともありました。」
そうおっしゃって、それから数日後、ご自分で書かれたピアノについての講座の内容のレジュメを送ってきてくださったのです。

ある方が 今回のこの「ピアノの泉」という講座についてこんなメッセージを寄せてくださいました。

音楽家と楽器職人。
レーサーとメカニック。
ランナーとシューズメーカー
競泳選手と水着メーカー

挙げたらきりがないけど、おもしろそうだなぁ。

ピアニストは、自分の楽器を毎回演奏場所に運ぶことができません。
そこに置いてあるピアノで演奏しなくてはなりません。
そのピアノは いつもベストコンディションである、ということは実は稀で
しかも自分が持っている楽器とは違うメーカー、違う品番です。
時には まったく調律も メンテナンスもされていない時もあります。

それでも その時にできる最高の演奏をしなくてはならないのです。
楽器のせいにしてはいられないのです。

それはピアニストにとって とても大変なことです。
慣れているとはいえ、毎回向き合う楽器が違うのです。

例えば、新しい自転車に乗った時、あれ?と思われませんか。
自動車の運転もそうですよね。

毎回毎回のそのドキドキのピアノの対面、
すぐに始まる本番での演奏。

その時にもしもピアノについて十分な知識があれば、
無駄な時間を慌てて過ごすことが減ると思うのです。
咄嗟の対応もできるかもしれません。

そして何より、ピアノという楽器を十分知っているんだ、という自信が
安定した演奏につながります。

ピアノには、たくさんのメーカーがあります。
国内ではヤマハ、カワイ が有名ですが、海外では スタインウエイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン、ザウター
スタインベルグ、プレイエル、、、まだまだたくさんあります。
それらの特徴を熟知しておくと、どれだけそれが助けになるか。

それはすべて自己肯定力となります。

大学では教えてもらえない、プロのピアニストに向けた講座です。
もちろん、ピアニストではなくても、ピアノという楽器にご興味のある方にとっても
とても興味深い、人生を豊かにしてくれる時間になると思います。

私も生徒のひとりとして参加します。

ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。
詳しい内容、ご予約は
http://otonoha-concert.com/piano/










 


[PR]
by otonoha-concert | 2015-05-11 17:36 | ホームコンサートのご案内

『ピアノの泉』いよいよ始まります

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています
http://otonoha-concert.com

音の葉を始めて5年と5か月になります。
その間、いろんなことがありました。
たくさんの出逢い、たくさんの喜び、
時には 失敗し、そしてまた立ち上がり。

いつものレギュラー会場、ご依頼いただいた場所での演奏など
数えれば きっと100どころではない数のライブを開催させていただいてきました。

その中でいくつも気づいたことがあります。
どうすればもっと「こうなりたい」と思うことに近づけるか。
「こうなりたい」に近づくために これをやりたい、あれもやりたい、という項目が挙がってきました。

その中のひとつ、ピアニストに向けたピアノ講座『ピアノの泉』をこのたび立ち上げることにしました。
http://otonoha-concert.com/piano/

ピアノ調律のエキスパート 三矢真人さんを講師にお迎えして 6月8日(月)をオープニングの日にしました。
その後、7月から2か月に1度、全6回 三矢さんから ピアノの調律のことだけにとどまらない、ピアノという楽器全般についてお話していただきます。
時には実践的なことも交えて。

そもそも 三矢さんと私の出逢いは 音の葉houseのピアノを調律していただいたのがきっかけでした。
それは昨年の3月のことでした。
普通、ピアノの調律は、この部分が気になる、など 普段演奏していて困ったことなどがある場合は特にそのことをお伝えして、数時間かけて調律、メンテナンスして
いただきます。
そして ありがとうございました、とお礼を言って、次回はいつごろ、なんてお願いして終わりです。

三矢さんの場合は、すでにその日から「ピアノの泉」でした。
おそらく私が「なぜ音の葉をやっているのか」ということにも興味を持ってくださっていたのもあるかもしれませんが
調律が終わった後、お昼ごはんも食べるのも忘れて3時間、ドイツでの修行時代のこと、
その修行時代に目の前で ベルリンの壁が崩壊するのをご覧になっていたこと、
そもそも どうしてドイツに修行にいったのか、ということ
そこで何をなさっていたか
ドイツに行かれる前はどうなさっていたのか
いったいピアノっていう楽器は...

もうそれはそれは 目からうろこの話が次から次へと、まるで泉のごとく湧いてでてくるではありませんか。

たぶん私はその時 ハトが豆鉄砲をくらったような顔をしていたのだと思います。
三矢さんは笑いながら、「僕はピアノについて、たくさんお伝えしたいことがあるんです。 実際にそういう講座を持って
教えていたこともありました。」
そうおっしゃって、それから数日後、ご自分で書かれたピアノについての講座の内容のレジュメを送ってきてくださったのです。

ある方が 今回のこの「ピアノの泉」という講座についてこんなメッセージを寄せてくださいました。

音楽家と楽器職人。
レーサーとメカニック。
ランナーとシューズメーカー
競泳選手と水着メーカー

挙げたらきりがないけど、おもしろそうだなぁ。

ピアニストは、自分の楽器を毎回演奏場所に運ぶことができません。
そこに置いてあるピアノで演奏しなくてはなりません。
そのピアノは いつもベストコンディションである、ということは実は稀で
しかも自分が持っている楽器とは違うメーカー、違う品番です。
時には まったく調律も メンテナンスもされていない時もあります。

それでも その時にできる最高の演奏をしなくてはならないのです。
楽器のせいにしてはいられないのです。

それはピアニストにとって とても大変なことです。
慣れているとはいえ、毎回向き合う楽器が違うのです。

例えば、新しい自転車に乗った時、あれ?と思われませんか。
自動車の運転もそうですよね。

毎回毎回のそのドキドキのピアノの対面、
すぐに始まる本番での演奏。

その時にもしもピアノについて十分な知識があれば、
無駄な時間を慌てて過ごすことが減ると思うのです。
咄嗟の対応もできるかもしれません。

そして何より、ピアノという楽器を十分知っているんだ、という自信が
安定した演奏につながります。

ピアノには、たくさんのメーカーがあります。
国内ではヤマハ、カワイ が有名ですが、海外では スタインウエイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン、ザウター
スタインベルグ、プレイエル、、、まだまだたくさんあります。
それらの特徴を熟知しておくと、どれだけそれが助けになるか。

それはすべて自己肯定力となります。

大学では教えてもらえない、プロのピアニストに向けた講座です。
もちろん、ピアニストではなくても、ピアノという楽器にご興味のある方にとっても
とても興味深い、人生を豊かにしてくれる時間になると思います。

私も生徒のひとりとして参加します。

ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。
詳しい内容、ご予約は
http://otonoha-concert.com/piano/










 


[PR]
by otonoha-concert | 2015-05-11 17:36 | ホームコンサートのご案内