音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日曜日はクルミド! 久々のクラリネットですよ!!

音の葉Home Concert ホームページ リニューアルしました
http://otonoha-concert.com

東京も梅雨明けしたようだ、という情報。
いよいよ夏本番になりました。

みなさん、それぞれの夏を計画なさっていることと思いますが、
音の葉は7月のライブは、今度の日曜日の朝、そして8月と、クルミドコーヒーでだけ
ライブを予定しています。

7/27(日) 朝9:00~  クラリネット 佐々木純子・ピアノ 吉國美紀

8/9(土) 朝9:00~  公開練習  フルート 下払桐子・ピアノ 新明知美・パーカッション 三矢真之
8/17(日)朝9:00~  ライブ本番

8/14 (木) 音の葉の夕べ 19:30~ パーカッション 三矢真之

まずは7月のクラリネット、ピアノのライブのご案内を。


d0178669_21331019.jpg

ピアニスト 吉國美紀からメッセージが届いています。



ひとりの人間は、家族や友人などまわりの人、育ってきた環境や見てきた風景、聴いてきた音楽、読んできた本・映画、経験してきたことなど、まわりに
あるものや、それによって受けた感情などによって、その人の内面がつくりあげられていると思います。

音楽家は、作曲家であれ演奏家であれ、その人の内面を音にして伝える職業です。
今回のコンサートでは、フランスのプーランクという作曲家にスポットを当てて、
彼がどんな音楽を吸収し、どんな人と交流し、その結果どんな音楽がうまれたのかという、
ひとりの人間をめぐる旅のようなプログラムを作りました。

彼の中にどんな抽斗があったのか、ぜひ聴きにいらして、感じていただけたらと思っています。

そのプログラムを紹介します。

1. クラリネットとピアノのためのソナタ 変ホ長調 作品167より 第1楽章 ・・・ サン=サーンス
2.クラリネットとピアノのためのデュオ・コンチェルタンテ 作品351 ・・・ ミヨー
3. ラプソディー 第1番 ・・・ ドビュッシー
4.ミッドサマー・ノクターン ・・・ コープランド
5.「3つの前奏曲」より 第1番 ・・・ ガーシュイン
6. メモリーズ・オブ・ユー ・・・ ユービー・ブレイク
7. クラリネットとピアノのためのソナタ ・・・ プーランク

クルミドコーヒーのブログも合わせてご覧ください。
http://ameblo.jp/kurumed

ピアノの吉國美紀は昨年、音の葉に出演して、吉國自身の抽斗をたくさん開けて、演奏してくれました。
2月には、吉國は初のリサイタルも開催、自分への挑戦をし続けています。

今回、吉國がこの方とどうしても演奏してみたい、と連れてきてくれたのが、クラリネットの佐々木純子でした。
ふたりは、普段から自分たちがやりたい音楽について議論しあっているといいます。

クラリネットの佐々木も、新しいことへの挑戦をし続けている演奏家のひとりです。

クラリネットの魅力だけでなく、クラリネットとピアノのデュオの魅力を最大限、楽しんでいただけるように
皆さまへお届けできるように、準備しています。

夏の朝。
まだ爽やかな風の時間。
クルミドコーヒーの開店前の、ちょっと特別な時間にぜひ。

ライブ終了後には、クルミドコーヒー自慢のかき氷も!
(平日の朝には モーニングもありますよ!)








今日の裏話 
[PR]
by otonoha-concert | 2014-07-22 22:51 | ホームコンサートのご案内

サックス クラシック サックス クラシック・・・早口言葉?

音の葉Home Concert ホームページリニューアルしました
http://otonoha-concert.com

台風一過、今日はとっても暑い東京です。
こんな日はシュワシュワしたものが飲みたくなりますよね。
(え、ビール?おほほ、ジンジャーエールですわよ!)

今月の音の葉はいつものすべての会場で、管楽器によるライブを開催しています。

今度の月曜日(7/14) は、絵本屋「おばあさんの知恵袋」で
サックス2本でお届けします。

サックスの演奏家たちをご紹介します。
d0178669_15200549.jpg
あ、間違えました。

これは近くの姿見の池に今 住んでるコガモちゃんです。
(コガモちゃんは8羽います。見にきてね~!)

では気を取り直して・・・
d0178669_15002852.jpg
d0178669_15012925.jpg
d0178669_15011321.jpg
サックス 石山佳奈・赤木俊祐 です。

音の葉初登場です!!

石山佳奈は5/25、国分寺にあるJAムーちゃん広場でのイベントに出演してくれました。
今回は、以前から一緒に活動している赤木俊祐くんと一緒に演奏してくれます。

サックスというとジャズを連想される方が多いと思います。
ポピュラー音楽の中でも重要な楽器です。

音の葉ではクラシックでサックス、です。
月曜日のライブでは、サティのジュ・トゥ・ヴ、や クライスラーの 悲しきロスマリン、イングランド民謡のグリーンスリーブス、といった
聴き馴染みのある曲も演奏しますが、ここは音の葉、ぜんぜん有名じゃない曲だけど、とってもおすすめしたい隠れた名曲の数々もご紹介します。

ルクレール、というバッハと同時代を生きた作曲家の 「2つのヴァイオリンのためのソナタ」
ヒンデミット という現代の作曲家の 「2つのアルトサクソフォンのためのコンツェルトシテュック」
グリエール というロシア生まれの作曲家で、モスクワ音楽院ではプロコフィエフやハチャトゥリアンといった今ではとても有名な人たちを育てた人です。
そのグリエール作曲の「 ヴァイオリンとチェロのための8つの二重奏曲」  など
演奏家たちが、今、聴いていただきたい曲を盛りだくさんで、ご用意しています。

クラシックでサックス
サックスでクラシック

ぜひ小さな場所で聴くサックス、お楽しみください。
残席わずか、となっています。
ご予約はお電話でも承ります。
070-5272-3463









今日の裏話 → 最近思うこと 
[PR]
by otonoha-concert | 2014-07-11 16:00 | 演奏者紹介

ファゴットをおすすめしたいわけ

音の葉Home Concert ホームページ リニューアルしました。
http://otonoha-concert.com

d0178669_23081278.jpg
7月の公開練習、土曜日のクルミドコーヒーに続いて、今日は音の葉houseでも開催しました。

ファゴット 小武内茜、ピアノ 早坂なつき

音の葉初登場の演奏家たち、今月はどの会場もそうですが、とてもフレッシュな感じです!

ファゴット、音の葉では今回で3回目の登場ですが、この楽器のこと、ご存知じゃない方も多いと思います。
とても大きな楽器ですが、音色はとても低く深い、包み込むような優しさに溢れています。
主にオーケストラで活躍しますが、今回は珍しくピアノとのデュオです。

7/10(木) 夜、クルミドコーヒーで開催する「音の葉の夕べ」にも このファゴット 小武内 茜が出演します。

私がファゴットをおすすめしたいのは、いくつか理由があります。

まず、ファゴットという楽器のこと、ほとんど知られていません。
ぜひとも目の前で、ファゴットを見て、聴いていただきたいのです。
ファゴットだけの音を聴く機会って、ほとんどありませんから、ね。

そして、何よりもこの低音の魅力です。
音域はほぼチェロと同じです。(正確には、チェロよりも音域が広いです)
ですから、バッハの無伴奏チェロ組曲など、チェロで演奏する曲も
演奏できます。

もうひとつ、それは小武内 茜の魅力です。
とても小柄な茜ちゃん、ファゴットを演奏する時は 踊るように動きます!
それがなんとも見ていて楽しい!
この動き、ちょっと文章では表しにくいのですが、
難しいと思われがちな現代曲も、なんだかとっても軽やかで、イキイキとしてきます。
彼女の素直でまっすぐな気持ちが、ファゴットの音となって皆さまのところに届くと信じています。


7/17のプログラム、ホームページの方でもご紹介していきますが、その中のひとつ、
タンスマンという作曲家の「ソナチネ」、これは私のイチオシの曲です。

タンスマンって?
アンパンマンの仲間ではありません。
(あれ?ひいた?)

ポーランド出身で、のちにフランス国籍を取得した人です。
(あ、偉そうに語ってますが、実はこれ、今日の公開練習の時にスマホで検索したものです、笑)
このタンスマンという人、1897年~1986年、現代の作曲家のひとりです。
ポーランド出身のユダヤ系だったので、第二次世界大戦ではどんな想いをしたのか、想像するだけで
身震いします。
ナチスから逃げるためにアメリカに亡命しているのですが、そのビザの取得に力を貸したのが、なんと
あのチャーリー・チャップリンだった、らしいのです。
チャップリンも自分の身の危険を顧みず、タンスマンを助けるためにどんな想いで力を貸したのか。

タンスマンの作品には、現代を生きる私たちへのメッセージがたっぷりと込められていると思うのです。

今、日本がどこに向かっているのか、とても危ういこの状況の中で、今日、私はこのタンスマンに出逢い、
今、生きていることの尊さを感じています。

普段はフランス語を話しながらも、自分はポーランド出身だということを誇りに話していたというタンスマン。
ポーランドやユダヤの民族音楽の影響も強く作品に反映されています。

ぜひぜひ、ファゴットの音を、そして現代の作曲家の作品にも逢いにいらしてください。

ファゴット、ピアノ、それぞれのソロもあります。

ピアノは 午前の方では、ショパンの幻想即興曲を、午後では ベートーヴェンのソナタ「熱情」を演奏しますよ!

ご予約は音の葉のホームページから。→●
お待ちしています。








木曜日の夜は、クルミドコーヒーで!
[PR]
by otonoha-concert | 2014-07-09 00:09 | ホームコンサートのご案内

7月のテーマは「青葉輝く」

音の葉Home Concert ホームページ リニューアルしました
http://otonoha-concert.com

今日から7月になりました。
本格的な夏が来るまで、もう少しありますね。

6月、音の葉のライブにたくさんの方々にいらしていただきました。
ありがとうございました。

そして7月、今月もたくさん予定しております!

まずは7/5(土)朝9時から 
クルミドコーヒーにて 公開練習、開催します!

d0178669_21331019.jpg
クラリネット 佐々木純子
ピアノ    吉國美紀

このふたりのプログラムは、私もとっても楽しみ。
それは、いろんな抽斗を持っているからです。

クラシックのみならず、ジャズも大好きなふたりならではの楽しい曲が満載です。
私も伺います。
よかったらご一緒しませんか?

本番とは違う、演奏家たちの素顔にも出逢えます。

来週の木曜日は 同じくクルミドコーヒーで、「音の葉の夕べ」も開催します。
(クルミドさん、ほんとにお世話になってます。ありがとうございます)

出演は・・・ファゴット 小武内 茜
d0178669_21371072.jpeg

クラリネットの次はファゴット、ですよ!

目の前で、その楽器だけの音に浸れる、ちょっと特別な時間です。
ファゴットでたくさん演奏もしてくれる予定になっています。

こちらもぜひ!







[PR]
by otonoha-concert | 2014-07-01 22:04 | ホームコンサートのご案内