音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_19434858.jpg
d0178669_19444210.jpg
d0178669_14313616.jpg
d0178669_14305610.jpg
d0178669_14331131.jpg
d0178669_14320545.jpg
d0178669_14322473.jpg
d0178669_19465617.jpg
Photo by HIKARU
d0178669_19481388.jpg
Photo by HIKARU

d0178669_19500781.jpg
d0178669_19503672.jpg
d0178669_19520274.jpg
d0178669_19524955.jpg
d0178669_19530788.jpg
今年ももうすぐ暮れようとしています。

今年1年、多くの方々に聴いていただきました。
多くの方々にたくさんご協力いただきました。
若い演奏家たち、一生懸命演奏しました。

みなさま、本当にありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください。
そしてまた来年もどうぞよろしくお願いします。

メールマガジン、年明けに配信予定です。
配信をご希望くださる方は音の葉のホームページからご登録ください。→●


今日の裏話、そして年明けのご予約状況など
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-27 21:57 | お菓子 お花 日々のこと

音の葉Style の クリスマスのライブコンサート

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_13551441.jpg
                                          photo by Manami Hino

昨日は冬至でした。
私、おとといが冬至だと間違って、南瓜を食べ、柚子湯に入りました。
昨日、あ!と気が付いて、昨日も南瓜を食べ、柚子湯に入りました、笑。

そして明日はクリスマスイブ。
写真は昨年12月にフルートの日野真奈美ちゃんが音の葉Houseで撮ってくれたものです。

12月はあちこちでクリスマスコンサート、そして第九。
演奏家たちは大忙しです。(嬉しい大忙し、ですよ)

12月の通常の音の葉のライブコンサートはすべて終了していますが、
昨日はあるところからご依頼いただき、音の葉のライブを開催してきました。

d0178669_14180258.jpg
ここは東京のとある市の公共の施設です。

フルート 原田佳菜子
ピアノ 細木原光紗

以前、音の葉のライブでも演奏してくれた ドップラーのハンガリー田園幻想曲、ダマーズの演奏会用ソナタ など
かなり聴きごたえのある曲をたくさん盛り込んだプログラムでした。

せっかく音の葉を呼んでいただいたので、席の配置など音の葉Styleにしてみました。

できるだけ間近で聴いていただけるように。
演奏家たちの呼吸も音楽の一部となるように。
普段、なかなか目にすることのない書き込みがある楽譜をじっくり見られるように。
演奏家の背中も楽しんでいただけるように。

などなど、椅子の配置はかなり念入りにしました。
(ほぼ全部の椅子に実際に座って確かめました)

それをお手伝いくださった皆さん、とても驚いて、面白がってくださいました。

普段のコンサートの時はカーテンも閉め切る、とのことでしたが、
せっかくの昼間のコンサートですし、自然な光の中で、
冬枯れの木々を眺めながら、通り過ぎる車も景色の一部として楽しんでいただこう、と
カーテンは全開にしました。

こんなのは初めてです、と言ってくださいました。

いつもとはちょっと違うクラシックのコンサート、やってみたい、と思われる方、ぜひ音の葉にご連絡ください。

昨日のコンサートが終わった後は、いろんな質問がとびかって、いらしてくださった皆さまもとても楽しんでくださったことを実感しました。

ありがとうございました。
またお逢いできますこと、楽しみにしております。


今日の裏話
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-23 14:46 | お菓子 お花 日々のこと

思えば遠くに

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

降り続いた雨も止み、今日はすっきりと晴れています。
今日から3連休の方も多いのではないでしょうか。
いよいよクリスマスですね。
みなさんは、どんなクリスマスを予定なさっておられますか?
音の葉の演奏家たちはみんな、とっても忙しいクリスマス、なんですよ。
(クリスマスを盛り上げるのは音楽、ですもんね)

そういうわけで、あっという間に過ぎ去ってしまいそうなクリスマスですが、
でもケーキを焼いたり、ろうそくを灯したりして楽しもうと思っています。

今日はちらっと宣伝。

昨日から中央線の駅に置いてあるフリーペーパー「ののわ」にちょっとだけ
音の葉を掲載していただいています。
東京の一部だけの話題で恐縮ですが
JR中央線 三鷹~立川間の各駅に置いてあります。

表紙がな、なんと!
音の葉Houseの目の前にある「姿見の池」でした!!

この「ののわ」WEBでもご覧いただけます。
http://www.nonowa.co.jp/

私が音の葉Houseをここに建てよう、と思った大きな理由のひとつが
この「姿見の池」があること、でした。
その周辺の森もとても大事に思っています。

この時期、冬枯れの木々もまた良いものですよ。


今日の裏話
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-21 14:28

雨の夜に

音の葉Home Concert ホームページ
 http://otonoha-concert.com

d0178669_22562039.jpg
昨晩から降り続く雨。
東京は初雪、との予報もありましたが、そこまでは至らず。
ほっとするか、残念に思うか? それぞれだと思います。
そういう私は・・・両方かな、笑。
 ほっとする自分を残念にも思ったり。それが大人になるってことなのかな、と思ったり。

 ま、それはさておき、この雨の中、今夜はクルミドコーヒーで「音の葉の夕べ」開催しました。
写真は、クルミドのスタッフYさんが撮ってくれたもの。
素敵!
黒板もこんなに素敵に書いてくれて、大事にとっておきたくなりました。

月に1回開催している「音の葉の夕べ」 これは、演奏家1人を招いて、その夜のテーマを決めて 
演奏家の想いを語る、それを聴くというものです。

 今夜の出演は ピアニスト 紫芝のばら。
 そして今夜のテーマは「フランス音楽」

ん?そう聞いてすっと作曲家の名前が出る方はかなりの通?
 普通は???だと思います。

 でも 例えば、ドビュッシー、ラヴェル、といった人の名前、一度は耳にされたことがあるかもしれませんね。
 ラヴェルの「ボレロ」はとても有名ですから、タイトルを知らなくても耳にすれば「あ、知ってる」になると思います。

じゃあ、フランス音楽を一括りにしちゃったけど、フランス音楽の特徴って何?
そう聞かれてすっと答えられる人は、通を通り越して、かなり専門に近い?と思います、笑。

 今日は漠然として「フランス音楽」について、ピアニスト 紫芝のばらが想う「フランス音楽」を
演奏を交えて語ってくれました。
 内容をここで書くのは今日はやめますが(あれ?残念に思ってくださいます?)
私は あらためて、紫芝のばらちゃんのファンになりました。

こう言っては上から目線で失礼なのですが、(ごめんね、のばらちゃん)
 のばらちゃんの伸びしろがまだまだある、これからきっともっともっと素晴らしいピアニストに
成長するんじゃないか、と 心から期待する、
今日の「音の葉の夕べ」でした。

フランス音楽って、ちょっとフランス映画のように、つかみどころがなくて、
あまり興味のない方には、何が言いたいのかわからない。
どう聴いていいか、わからない、と言われます。
 でもそれを、のばらちゃんはどう感じて演奏してるのか、どう思っているのか、
そんなところも話してくれて、 なるほど~と思われた方、多かったのではないでしょうか。

 そう、「音の葉の夕べ」は演奏家の頭の中の映像にちょっと触れることができるんです。

そういうわけで、私はこの「音の葉の夕べ」がとっても好きで(やってる本人が言ってどうする)
私の中ですごく大事な時間になっています。
 のばらちゃん、ありがとう。
1月の「おばあさんの知恵袋」2月の音の葉House に出演してくれるのを楽しみにしているよ!


今日の裏話
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-19 23:54 | 終了しました

今夜は初雪?

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_14454092.jpg
今日の夜は東京に雪が降るかも、との情報。
朝からどんより曇り空。
いつ雪が降ってもおかしくないほど寒い。

いつもブログを書いてるこのPCのある窓から見える景色は
姿見の池周辺の木々。
黄色や茶色になった葉もかなり落ちて、いよいよ本格的な冬到来の景色となっています。

今週は日曜日から本番が続きました。

写真は12/16(火)の 音の葉Houseの午後。

出演は トリオカルディア。
ヴァイオリン 星野沙織・フルート 日野真奈美・ピアノ 高橋亜侑美

午前も午後もたくさんの方々にいらしていただきました。
ありがとうございました。

音の葉Christmas

昨年のこの12月もトリオカルディアでお贈りしましたが、
クリスマスにお願いするのは今年2回目。

今回、私のところに事前に届いたプログラムを見て、びっくり。
いったい何時間演奏するの?
そう本気で心配するほど、盛りだくさんのプログラムにお客様は大興奮。
中には公開練習もいらしてくださった方も数名おられて、満喫してくださいました。

d0178669_14553974.jpg
逆光で写りが悪くてごめんなさい。
午前、小さなお客様がたくさんいらしてくれた回です。

この日はなんと11組もの親子でのご参加。他に大人の方だけでもご参加くださいました。

こんなにたくさんおちびちゃんが来てくれて、いつも私は幸せな気持ちになります。
最初に来た日は大泣きしたのに、翌月からすっかり慣れて、泣いたことなんて忘れて
とってもリラックスして聴いてくれた子。
まだねんねの頃から来て、今ではしっかり歩くようになった子。
今日初めてという子も 大音量の中ですやすや寝始めて、
ママはゆっくり鑑賞できました、という方。
毎月、楽しみでしかたない、と言ってくださる方。

午前も午後も、もう何度もいらしてくださる方がとても多いのが音の葉の特徴です。
きっと生の音を聴き続けることの良さ、に気づいてくださっているのではないでしょうか。

実際、私がこの音の葉を始めてちょうど4年経ち、実感するのは
ずっと聴き続けることの良さ、でした。
何かわかろうとしなくても、難しい音楽理論なんてまったく知らなくても、
そこには作曲家からのメッセージや演奏家からのメッセージが詰まっています。

人生には楽しいこともつらいことも、時には深い哀しみや挫折、
いろんなことが起こり、いろんな感情が湧いてきます。
それは過去に生きてきた作曲家たちも同様であっただろう、と思います。
作曲家や演奏家、音楽だけでなく美術の人たち、クリエイティブに生きる人たちは、
まだ誰も通ったことのない道を
ただ自分の強い想いの中で突き進みます。
そこには困難もついてきます。
それでも前へと進もうとするその想いが作品の中に溢れています。

もちろん幸せな時もあり、それも溢れんばかりに表現しています。

演奏家たちは、こうした作曲家の想いを受け取り、自分の身体の奥深くに沈め、
そして演奏家自身の想いとともに音にしています。

ひとつの曲を多くの国の多くの演奏家たちが、演奏しながら現代の世の中につないでくれたのです。
そして、今 目の前でその音を受け取るのが私たちです。

時代は変わっても、こうして語り継ぐようにして再現されるクラシックの世界のすごさに
いつも私は心揺り動かされ続けるのです。

今回演奏してくれたトリオカルディアは、今、CDを製作中です。
発売は3月の予定。
音の葉でも販売します。
ご期待ください!



今日の裏話
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-18 16:04 | 終了しました

木曜夜は大人の時間・・・

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

P
d0178669_23223401.jpg
photo by HIKARU

今日は満月。
冬の月は、凛としていますね。

月や星を眺めていると、地球も宇宙の一部なんだ、と実感します。
当たり前なのですが、改めて思うと
なんだか自分の内側にあるものがすーっと伸びて、
宇宙に向かっていくような不思議な感覚を覚えます。

12月の音の葉はchristmas、プログラムもしっとり、そして華やかに、クリスマスならでは。
先日、クリスマスの本番がすべて終了しましたが、
残り1回だけ 大事な大事な夜があります。

「音の葉の夕べ」in クルミドコーヒー

出演 ピアノ 紫芝のばら (写真上)

一度でも、のばらちゃんの演奏、聴いてくださった方はよくおわかりと思いますが、
このピアニストも見た目と実際はまったく違う、別人になる人です、笑

しかし。

もうピアノをやめてしまおうかと。

一番最初に逢った時、そんな話から始まって、相当困惑した。
ま、そう言わずに、一度だけ音の葉で演奏してみたら?
というようなことを言ったような気がする。

そして音の葉Houseで演奏してくれた のばらちゃん。
それはそれはすごかった。
もう彼女の身体を通して溢れ出る音楽は、会場を包み、そして彼女自身をも包み込みこんだ。
その時から伝説を作るピアニストとして、音の葉では名高い。

あれから。
もうやめる、なんて一度も彼女の口から出てこない。

そう、のばらちゃんはピアノを弾くために生まれてきた。
誰よりもわかっているのは、当の本人、のばらちゃん。
そしてみんな、のばらちゃんのピアノが聴きたい、と思っている。

そんな のばらちゃんが、今週木曜日19:30~
演奏をしながら、曲のこと、自分のこと、音楽に対する想いを語ります。

あ、ほんとにたくさん語るので、みなさん覚悟ですよ、笑。
もうのばらちゃんの好きな話だから、止まらない、止まらない、笑。
誰か止めて~~~!心の中で叫んでる私がいるかも、笑。 
会場で私を見つけたら、指で空中にぐるぐるを書いてる姿になってるかも、笑。
(のばらちゃん、時間だぜ、って)

ピアニスト 紫芝のばら

応援しにいらしてください。
私も行きますよ。

12/19(木) 19:30~ クルミドコーヒーにて
ご予約は 042-401-0321 クルミドコーヒー


今日の裏話 秘蔵写真あり。
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-17 23:50 | 演奏者紹介

満席のお知らせ

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_17334146.jpg
あさって日曜日(12/15)朝、クルミドコーヒーで開催する 音の葉のライブは満席となりました。
現在は立ち見でも、という方のご予約を受け付けております。
たくさんのご予約、ありがとうございます。

翌日月曜日(12/15) 音の葉Houseで開催する トリオカルディア(フルート、ヴァイオリン、ピアノ)のライブは
午前の回は満席となっております。
午後1時からの回は残り2席となっております。(大人の方向けです)
ご予約は→●

今年最後の音の葉のライブ。
音の葉Christmas。

ご期待ください。



今日の裏話 ちょっとだけ
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-13 23:37 | ご予約状況

来週は 音の葉Christmas、いよいよ本番!

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_21402047.jpg
昨日の午前はものすごい雨でした。
ものすごい雨の中でしたのに、たくさんの方々が音の葉Houseに集まってくださいました。

d0178669_21415026.jpg
12/16(月) 本番を控えての公開練習。
出演は トリオカルディア。

最初は神妙な面持ちで聴いておられた方も、だんだんと緊張がほぐれ・・・

トリオカルディアは、とにかくどうやったら楽しんでいただけるか、をいつも考えている3人。
練習だからってやはりそこは大事。
3人のやりとりに音の葉Houseは笑いに包まれる瞬間が何度もありました。
しかも練習なのに、1曲終わると拍手も頂戴して。

本番はどんなに楽しいだろう?
きっとみなさん、想像をふくらましておられると思います。
ふふふ。

d0178669_21394066.jpg
ちらっとこんな写真も。
打ち合わせの会話中も、こんな風に撮っていただくと
なんだか嬉しい瞬間に思えます。

以上、ご紹介した3枚は GREAT MOUNTAIN 進藤さんの作品でした。→●

12/16(月) 音の葉House
10:00~ お子さま大歓迎の回 満席になりました
13:00~ 大人向けの回。残り2席です。ご予約は→● またはお電話で。070-5272-3463

めちゃくちゃかっこいいトリオカルディアのライブ、ご期待ください!!!


クルミドコーヒーのご予約状況 など
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-11 22:56 | ご予約状況

フルーツパフェ 全部のせ、みたいな?

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_15292566.jpg
d0178669_15310024.jpg

トリオカルディア
ヴァイオリン 星野沙織・フルート 日野真奈美・ ピアノ 高橋亜侑美

明日、あさってと今度は「トリオカルディア」が出演してくれます。

明日(12/9) は絵本屋「おばあさんの知恵袋」
10:30~11:15

45分間の小さなライブですが、実は明日は盛りだくさん。
もしかしたら45分よりたくさん楽しい曲をお届けできるかもしれません。

お席あと少しだけご用意できます。
直前ですので、お電話にてご予約ください。
070-5272-3463

フルート 日野真奈美から今回のライブのこと、こんなメッセージが届きました。


今回はオペラアリアやクリスマスにまつわるメロディを、ぎゅっと詰め込んだプログラムにしてみました。
おもちゃ箱をひっくり返したような、賑やかで楽しい時間をお届け出来たらと思います♪


このメッセージのように、本当に今月、すごいです。

明日のプログラム、ご紹介します。

アヴェ・マリア ・・・ バッハ~グノー
主よ、人の望みの喜びよ・・・ バッハ
オペラ≪椿姫≫より「花から花へ」 ・・・ ヴェルディ
「歌の翼」による幻想曲 ・・・ メンデルスゾーン
オペラ≪ジャンニ・スキッキ≫より「私のお父様」 ・・・ プッチーニ
オペラ≪トゥーランドット≫より「誰も寝てはならぬ」 ・・・ プッチーニ
クリスマスメドレー
慌てん坊のサンタクロース~ジングルベル~きよしこの夜~ママがサンタにキッスした~赤鼻のトナカイ
映画「ニュー・シネマ・パラダイス」メドレー
二重奏≪アメリカ≫ ・・・ ドップラー


ぎゅっと詰まってる、というか、もうはみ出すほどというか。
このプログラムをフルート、ヴァイオリン、ピアノで演奏するのですから、豪華と言わずしてなんという?
まさに、どこかの喫茶店のフルーツパフェ、全部のせ状態。

そして明日のお菓子は「小さな台所」豊田たまみの
≪自家製フルーツミンスで作った クリスマスフルーツケーキ≫

たまちゃんのお菓子は今月で一旦終了しますので、ぜひこの機会に。

あさって(12/10)は音の葉Houseで公開練習。
こちらもお席,あと少しだけご用意できます。
070-5272-3463

音の葉Christmas、続行中。






さぁ、お待たせ、今日の裏話。

今日はこれ!!

d0178669_16125471.jpg
われらのWEBデザイナー しんどう氏による撮影です。
チェロケースへの落書きも。

昨日、クルミドコーヒーでの公開練習が終わって、西国分寺駅に向かうチェリストふたり。

チェロケースから足がはえてる!!

楽器を持ってる人がいると、じっと見てしまう私。

でも街の中に こんな人たちが、いつもうろうろしてるのっていいなぁって思います。

この後、管野真衣ちゃんは、府中の芸術の森で行われたバレエ「くるみ割り人形」のオーケストラで演奏、だったんですよ!
あ~~~~、その公演、私、行きたかったんだってば!!!!






[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-08 16:29 | 演奏者紹介

2つのチェロ

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_17334146.jpg

今朝はクルミドコーヒーで12月のライブの公開練習でした。

チェロ 管野真衣 ・ 寺島志織

普段、ヴァイオリンなど他の楽器との編成の中でのチェロは、ほとんど伴奏ばかりでメロディーラインを演奏することがない。
でもチェロ2台で演奏すると、どちらかが必ず主役のメロディーラインを演奏できる。
普段は縁の下の力持ち、それも好きだけど、でもたまには主役にもなってみたいじゃないの。
だから、今回、どちらも主役になれるように、この曲は真衣ちゃんが、次の曲は志織ちゃんが、とメロディーラインを担当。

なるほど、ステレオ放送のように、この曲は左からメロディーが、今度は右からメロディーが、とよーく聴いてみるとわかります。

今日は練習してるところに皆さまからの質問、ながはらからの問いかけ、楽譜をお配りして
それを見ながら演奏を聴いてみる、など、聴いている私たちも参加しながらの公開練習になりました。

途中、管野真衣が「ここの音、書いてある音が違ってる気がするから、半音変えて演奏した方がいいと思う」と言いました。
作曲家が間違って書いてしまったもの、作曲家が書いたものを間違って写譜してそれを出版してしまったもの、などなど
楽譜にも間違いはよくあるもの。
なので、同じ曲でも出版社によって音が違っている、っていうことはよくあります。
解釈の違いもあります。
今日、管野真衣が「この音」と言ったところ、実際はほんとはどうしたかったのか、作曲家に聞いてみないとわからない。
でもそれは不可能だから、結局は演奏家が決める。

さぁ、どうする?
本番でどうするかな?

今日、いらした方はきっとそんなちっちゃな音を集中してじーっと聴かれる方、いらっしゃるでしょうね、笑。

管野真衣も寺島志織もまだ20代。
まだあどけなさも残る?そんな初々しさです。
ほんわかと優しい空気をつくる二人です。

でも演奏を始める瞬間、息を吸った瞬間に別人に変わります。

本番のお楽しみは、その瞬間かも、と私は思っています。

ぜひぜひ15日(日)午前9時。クルミドコーヒーで。



来週のご予約状況、そして裏話。
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-07 18:32 | メイキング