音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

もうじき発売の雑誌 「き・まま」 に

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_11321035.jpg

今日は 小さな雨がぽつぽつ降っています。
ひと雨、ひと雨、秋が深まっていきます。

こんな日に聴きたくなるのは どんな音ですか?

私は日中、仕事をしているということもあるのかもしれませんが、基本的に無音です。
音があると、どうしても聴き入ってしまって 仕事がストップするのです。
今、こうしてる時もそうです。

でも、心の中で私にしか聴こえない音楽はいつも鳴っています。
それはその日の気分で変わります。

自分でも え?今日はこの音楽?などと びっくりするような曲になったりすることもあって、
おもしろいです。

みなさんはいかがですか?

もうすぐ11月。
音の葉では 10月最後のライブを 音の葉House で10/31 ハロウィンの日に予定しています。

出演は ヴィオラ 羽藤 尚子、 ピアノ 細木原 光紗

もう他の会場で聴いてくださった方も多いのですが、まだの方、ぜひいらしてください。
(写真は10/22 小さな台所です。ここでは電子ピアノを使用しました)

このちょっと肌寒い、深まりゆく秋にぴったりの音色、ヴィオラです。

先日、ピアニスト 細木原 光紗がうちに来て言いました。
「羽藤尚ちゃん、すごいですよ。彼女は 本当に 一緒に演奏してて勉強になる。
自分を主張するところは主張し、ピアノが主張するところは よくわかっていて すっとそうしてくれる。
これがとても絶妙です。
彼女は本当にすごいです。」

自分のことを 伴奏ピアニストと言い切る細木原光紗が ここまでいうのは、本当にすごいですよ。

羽藤尚子も 細木原光紗も いつも 相手をどう活かすか、そして自分をどう主張するか、とても冷静に
曲の中で対応しています。

ぜひじーっと聴き耳をたててください。

きっとこのふたりの心の中も少し見えるのではないか、とも思います。

ヴィオラの音は ちょっと低くて、しぶいです。
大人の音がします。

ご期待ください。

雑誌「き・まま」 に載ります!
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-29 12:18 | ホームコンサートのご案内

10/31 音の葉Houseの ご予約状況

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_2343260.jpg

台風が去って、急に冷たい空気に変わりました。
今夜はとっても冷え込みます。

1年前の今日、私の義父は天国へと旅立ちました。

ちょうどその日も夫が病院に付き添っていました。
ふと義父の声を聞こうと思い、電話しました。

しばらく話したのち、
「ちょっとトイレに行ってくるから、また後でね」

そう言って電話が切れました。

数分後、電話がかかってきました。

「もしもし?おとうさん?」

声は夫でした。
「今、トイレで喀血して 倒れた。もう息がない」

えっ?
今、電話で普通に話してたんだよ。

そしてそのまま帰らぬ人となりました。

それから1年。

生前、私のことを 本当の娘だ、と言ってくれてた義父。
優しかった。
若いころにはいろいろあったと聞きはしたものの、でも、私にはめっぽう優しかった。

昨年の10月の音の葉のライブは、そんなこんなで 私不在のまま ライブ開催しました。
これは私を支えてくれている音の葉のスタッフのみんなのお蔭だったんです。

あれから1年。私は少しでも成長できたのかな。
はっきり言えることは、音の葉を応援しよう、と力強く支えてくださる方が少しずつ増えている、ということ。
私が成長したのではなく、こうした皆さまのお蔭があっての1年です。

来週の音の葉のご予約状況
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-26 23:24 | ご予約状況

カフェの中から漏れ聞こえる楽器の音

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

今日も雨でした。
雨の日は気圧の関係で身体が重くなることがあるのですが、楽しいことがあると身体も軽いです。
単純だなぁ。

今日の朝は 来月に演奏してくれる、ピアノ 吉國美紀ちゃんが来てくれました。
d0178669_2130799.jpg


吉國美紀ちゃん。
私が「何か弾いて」とお願いしたら、
「じゃあ」
と いきなりジャズ。

そして「まだ弾いて」とお願いしたら
「じゃあ、ちょっと激しいのを」
といって、ばりばりのクラシック。

ほんとにこの人も 抽斗をいっぱい持っています。

逢う度に 今日はどの抽斗を開けてくれるんだろう、とわくわくします。

役得とはいえ、私、幸せです。

来月の音の葉House、 そして おばあさんの知恵袋に出演します。
プログラム、と~~~~~~っても素敵なので、ご期待ください。

ばりばりのクラシックあり、ジャズあり、美紀ちゃんアレンジもあり、ヴァイオリン、ピアノ、
まるで百面相でも見るか、のようなプログラム。

音の葉、初出演です。
音の葉に新しい風を運んできてくれる、と期待しています。

美紀ちゃんは ヴァイオリンの 横田 智子ちゃんとデュオで出演します。
あ~、楽しみだ。

音の葉に新しく入ってきてくれた この二人にぜひエールを送ってください!

続く 今日の午後も、、、
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-25 21:59 | お菓子 お花 日々のこと

次のライブは ハロウィン!

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_1751362.jpg


昨日 「小さな台所」 でのライブコンサート開催しました。

ヴィオラ 羽藤尚子 ピアノ 細木原光紗

いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

前半は フランスの作曲家、ミヨー の 「4つの顔」
とてもフランスらしい作品ですが、なにせマニアックな曲なので、
不評だったらどうしよう、、、と内心 こちらはヒヤヒヤだったんですが
その気持ちは 昨日来てくれた小さなお客様が払拭してくれました。

一種独特の世界観をもつ ミヨーの作品、なんと小さなお客様が ヴィオラにすり寄って、
とっても楽しそうに、もう満面の笑顔で聴いてくれたのです。

この光景をミヨーが見たらどうしただろう?と後で思いました。
作曲家にとっても、演奏家にとっても こんなに嬉しいことはありません。

子どもたちは、大人が思っている以上にすごい力を持っています。
先入観を持たず、ありのままを受け取る、そのすごさ。
私もそうありたい、と昨日 強く思いました。

その前の日の おばあさんの知恵袋でも シューマンの歌曲を演奏している時に
歌うように声を出したお子さまもいて、いいなぁ、と思ったばかりだったので、よけいに昨日 子どもはすごい、と思ったのでした。

「小さな台所」といえば やはりお菓子。
昨日もスペシャルなお菓子、豊田たまみがたくさん用意していました。

休憩の時に召し上がっていただくお菓子も何種類からか 選んでいただきました。

タルトタタン
d0178669_20261711.jpg

d0178669_17535797.jpg

d0178669_20265555.jpg


昨日も焼き菓子以外は できたてホヤホヤをお出しできるように、とまだオーブンに入った状態でした。
お菓子作家の豊田たまみは、ほーら今できたよ、とその場ですぐお出しするのを大事にしています。
どんなにそれが大変であっても やはりそうしたい、と言います。

メニューを見て、どれにしようか、と迷う喜び。
注文したのを待つ喜び。
目の前に運ばれてくる喜び。
そしてそれを口に入れる喜び。

それがどんなに幸せか、それは 豊田自身がよく知っているからこそ、できる限りのことをして
お客様に喜んでいただきたい、そう願っての昨日でした。

残念ながら、「小さな台所」は 昨日をもって しばらくお休みに入ります。
次はいつになるか、まだわかりません。
でも、豊田たまみは これからもお菓子を焼き続けるし、いつか再開できる日のためにも
毎日 本人が実験と呼んでいる試行錯誤を重ねていくと思います。

どうぞそのいつか、が来る日まで 待っていてください。
皆さまの「待ってるよ」のお気持ちや実際にお声かけていただいたり、などが 豊田にとっての力になります。
よろしくお願いします。

続き 音の葉が大事にしたいこと
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-23 21:28 | 終了しました

明日は「小さな台所」 

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_22253795.jpg


今日は「おばあさんの知恵袋」という絵本屋さんでのライブでした。

ヴィオラとピアノでお贈りしました。

d0178669_22255590.jpg


今月のテーマは「味わう」
まさにテーマそのもの。

ヴィオラという楽器、ヴァイオリンに似ている、ということはみなさん、よくご存じですが、
では、どう違うのか?といわれると、、、。

サイズがヴァイオリンより大きい。
ヴァイオリンより低い音がする。

と 比べた時の主な違いを言葉にするとこうなると思いますが、
では、実際に 聴いた時 どう違うか?となると、、、

今日は、ヴァイオリンにはない音色をじっくりと味わっていただきました。

ヴィオラのために書かれた、というオリジナルの曲が少ない中、
ヴィオラのために、と書かれた曲を中心に演奏しました。

ミヨー という作曲家。フランスの人ですが、ご存じの方は少ないと思います。
そしてシューマン。
シューマンは名前こそ有名ですが、曲は一般的ではないようです。
でもクラシックを勉強する人にとって、また愛好家にとってはシューマンは とても大事な作曲家です。

そういう私も高校生の頃、シューマン、シューマン、シューマン、とシューマンにはかなりお世話になり、
(大学受験の課題曲でもあったのです)また大学に入っても ピアノ、声楽で シューマンはとても魅力的な作曲家のひとりでした。

シューマンは、旋律だけでなく、対旋律といいますが、旋律に対する旋律もとても抒情的です。
今日のプログラムは そんなシューマンの魅力を十分にお伝えできる内容でした。

ヴィオラとピアノの掛け合い。あ~、うっとりする。
ついつい、仕事を忘れて 私はシューマンの世界にどっぷり浸かってしまいます、笑。

d0178669_22261141.jpg

おばあさんの知恵袋 ならではの特別メニュー。
店主 三田村さんのお話しもありました。

三田村さんはプロのストーリーテラー。
今日は ミヨー の 「4つの顔」という曲、パリの女、カルフォルニアの女、ウイスコンシンの女 、、、と組曲になっているところから、女に関するお話し、ということで、語ってくださいました。

三田村さんのすごいところは、7~8分のお話しを 何も読まず、語られるところ。
さすが、プロ、です。

まだお話しを聞くには早いお子さまもいらっしゃいますが、お母さんにゆっくり聴いていただく、ということでもあります。
大人にもお話しは必要、ですからね。

今日も小さなお客様がたくさんで、私は幸せでした。

続く 明日のライブは「小さな台所」 ラストです!
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-21 22:45 | ホームコンサートのご案内

明日のプログラム

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

今日は冷たい雨が降っています。

そんな雨の朝、クルミドコーヒーに集ってくださった皆さま、ありがとうございました。

d0178669_16135487.jpg

今日は強い雨だったので、大人の方ばかりのライブコンサートでした。

フルート 原田佳菜子  ピアノ 清田 千絵

今も雨が降っていますが、雨ってとても落ち着きます。
出かけるのは大変ですが、、、。

クルミドコーヒーの外に植えられているヤマボウシの木に雨が降り注いでいて、
とてもきれいでした。
フルートとピアノの音を聴きながら、濡れそぼっている木々を見つめていました。

d0178669_16143511.jpg

休憩の時に焼きたてのマフィン、頂戴しました。
ほんとにアツアツの焼きたて。
外はちょっとカリッと、中はふわふわでした。
意外とボリュームがあって、たっぷりの飲み物と満足でした。

1時間、たっぷりの演奏でした。
フルートならではの ヴィヴァルディ 「ごしきひわ」
ほんとに鳥の声、でした。

ピアノは電子ピアノの良さを活かして
チェンバロの音にして演奏してくれました。

そうか、バロック時代は こんな感じで演奏してたんだなぁ、とっても古い時代ですが
とても心豊かだったのだ、と思いました。

朝、爽やかに過ごせたのが 何よりうれしかった、そんな日曜日の朝でした。

続く → 明日もライブ開始します。
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-20 16:35 | ホームコンサートのご案内

早起きの日曜日

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_2141680.jpg


なんだか今日はとっても涼しかったですね。つい先日まで暑くて、半袖でいたのに。

明日の朝は、「朝に聴きたい名曲シリーズ」 クルミドコーヒーで いよいよ本番です。

先日の公開練習、いらしてくださった皆さまが 「これは本番も聴きたいなぁ」と言いながらお帰りになりました。
(いらした方のほとんどがそう言われたのが、とてもうれしく、またおもしろかったです)

明日のプログラム、ゆっくりご紹介します。

明日は グリーグの ペールギュント「朝」 で始まります。
まさに!という名曲。
目の前での演奏はまた格別ですよ。

2曲目 ドビュッシーの 亜麻色の髪の乙女。
これはよくご存じの方も多いはず。CMなどでもよく使われています。
もともとピアノの曲ですが、それをフルートとピアノで演奏します。

3曲目は モーツアルトの アンダンテ KV.315
朝に聴くモーツアルトは とっても爽やかです。

4曲目 ドニゼッティ  ソナタ
ドニゼッティ、ご存じない方も多いと思います。イタリアの作曲家で1797年生まれ1848年没。
主にオペラを書いています。
ですが、これはフルートソナタ。 まさに今回の二人にぴったりです。

ちょっと休憩。
ここで、お飲物のおかわりと 焼きたての季節のマフィンの販売があります。
今の季節は「ごぼう」
私の大好きなごぼうのマフィン。焼きたては格別ですよ。

お腹もちょっと落ち着いたところで

5曲目  シモネッティ  マドリガレ
ん?マニアックな感じですね、笑。

でもね、この曲、聴いてみると あれ?どこかで聴いたことあるような?
とっても爽やかな曲です。
クラシックの曲って、文字にすると難しそうに見えるのですが、聴いてみると、あれ?知ってる、と思うもの、
実はたくさんあります。
この曲もそうかも、です。

シモネッティ、イタリア出身のイギリスの作曲家です。ヴァイオリニストでもありました。
1857年生まれ 1928年没
私のひいおばあちゃんと同じくらいの人ですね、たぶん(笑)

6曲目 ちいさい秋みつけた
7曲目 赤とんぼ

この2曲はもう説明するまでもないかな、と思います。

でも、「朝に聴きたい名曲シリーズ」なのに なんで 赤とんぼ?
ゆうや~けこやけ~のあかと~ん~ぼ 
夕方じゃん。

これには 原田佳菜子、「いえ、これはと~っても編曲が素敵なんです。もう、この時期、どうしても聴いていただきたくて。ほんとに素敵だから、朝だけど入れました」

そんなこと言われたら、ぜったい聴きたくなる。

ぜひ朝に聴く 赤とんぼ、お楽しみください。

そしてそして、明日のメイン。
それは
ヴィヴァルディの フルート協奏曲ニ長調 「ごしきひわ」

この曲の特徴は フルートで鳥の声を表現すること。
フルートの原田佳菜子は、この曲の2楽章が特に好きで、
この曲のことを思いながら歩いているだけで にやにやしてしまうのだそうです。

明日はなんと全楽章、演奏します。
この曲は技巧的にも大変で、フルートはもちろん、伴奏のピアノもすごいです。
ぜひ両方の楽器をじっと聴いてくださいね。

盛りだくさんの明日のライブ。
朝9時からと早いのですが、早起きする休日って なかなかいいもんですよ。
なんだか1日が長く感じられて、得した気分です。
しかも、クルミドコーヒーの飲み物と焼きたてマフィン、目の前での演奏ときたら、
幸せじゃないはずがありません!

明日、早朝にクルミドコーヒーでお逢いしましょう。

続く → 明日からの3日間
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-19 22:00 | ホームコンサートのご案内

大事なお知らせ 「小さな台所」

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_10573643.jpg


夕べは十三夜でした。

十五夜の月を愛でるだけでなく、十三夜も愛でないと、、、という方もおられます。
ま、月はいつ愛でても良いものですね。

そんな昨晩、クルミドコーヒーで「音の葉の夕べ」開催しました。

十五夜の日もクルミドコーヒーで 音の葉のライブを開催しましたが、どうも私が月が好きだからか、
月を愛でる日にクルミドで音楽に浸ることが重なりました。
嬉しい偶然。

昨日の出演は ピアノ 紫芝のばらちゃん。

もうこのお名前、忘れませんね(笑)

(写真は11月にクルミドコーヒーでのライブに出演する のばらちゃんと ヴァイオリンの佐藤 奈美です)

実は2週間前くらいに のばらちゃんと今回の「音の葉の夕べ」のことでお電話したんです。
その時に、今回のテーマはフランスもの?と聞いたら う~ん、なんて言うもんですから
「のばらちゃんが好きな曲シリーズ、ってどう?」 と直前に無茶ぶりしました。

「え?」

戸惑うのも無理はありません(笑)
だって2週間しかないんですから。

なぜ私がそう提案したか、というと。

のばらちゃんが好きな曲って何だろう?ってそれこそ 音の葉の夕べらしい。
だって演奏家を一人だけ招くんだもん、その人に迫るのがいいんじゃないか。
今まで、これ、好きです、って言って弾いてくれたのは、どれもこれも意表をついていた。
ぜったい、おもしろい曲を持ってくるにちがいない。

しかも、誰だって 好きなことを語る時はイキイキしてる。
好きだから、知識もいっぱいある。
何がいいのか、どこがいいのか、それは個人的趣味であったとしても、とても興味深い。

だから 自分の好きな曲に絞ってやってみたら、きっと楽しい時間になる。

すると、彼女は「私の好きな曲・・・。」

「いっぱいあります! どうしよう。いっぱいありすぎて、どれにしよう。あ~、困る。なんで好きかって、
いっぱい話すこともある。あ~。」

電話の向こうで悶絶したのであります。

その時に「うん。今回は大丈夫。」

そう確信しました(笑)

しかし、しかし。
ひとつ山を越えるとまた山が。

当日のお昼、昨日の進行役だったクルミドのスタッフ、今田くんが
「今日のご予約、実はまだ2名なんですよ」

ひえ~~~~~~~っ!!!!

2、2名って、、、。
いつものお顔が浮かぶ。

それからそれから。
facebookでつながっておられる方はご存じと思いますが、関係者で緊急アップしたのです。

どうしよう。どうしよう。
ほんとにお二人だったら。

そして夜。
クルミドコーヒーには 11名ものお客様がいらしてくださいました。

あ~、西国分寺ばんざい!!
みなさん、ありがとう。
心の中で何度も何度も頭を下げました。


そしてのばらちゃん。

やってくれました!
まさか、と思うほどに。

しゃべるわ、しゃべるわ、止めてもしゃべる。
私はこの人ほど、この場でしゃべった人を知りません。
しかも、司会役の今田くん、ほとんどしゃべってなかったような?

しゃべっちゃ弾き、しゃべっちゃ弾き。

今回から90分の予定を大幅にカットして60分にしたんです。
でも彼女の場合、60分じゃ足りず。

おもしろい曲を今回もたくさん用意してきてくれていました。
内心「思った通りだ!」とほくそ笑んでおりました。

誰もしらない現代の作曲家、でも、ものすご~くおしゃれだったり、素敵だったり。
そういうのを探す嗅覚は、のばらちゃんの右に出る人はそうそういない。
きっとそれが、のばらちゃんの生きる道。

昨日はのばらちゃん、帰り道、放心状態でしたが、私も、でした。

自転車でクルミドに行って、そのまま忘れて、歩いて帰ってきました。

私の携帯の留守電には今田くんからの「自転車、忘れてますよ~」のメッセージと
facebookに クルミドのオーナー、影山さんの「乗ってきた自転車、忘れて帰るって」というあきれたメッセージがアップされていました。

大事なお知らせ
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-18 12:15 | 終了しました

ししば のばら

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_1759586.jpg

                                              Photo by HIKARU

ピアニスト 紫芝 のばら

ししば のばら、と読みます。
えっ?それは本当のお名前?
誰しも言います。

はい。本名です。

宝塚の女優さんみたい!

はい。いつもそう言われます。

のばらちゃん、お名前が素敵すぎて 最初はこんな会話から入ることばかりなので、
もう慣れっこになってます、笑。
ちっとも恥ずかしがらずに、堂々と 「はい。それが何か?」
って感じのところが、私はぐっとくる。
いいなあ、のばらちゃん。(私、変態?)

のばらちゃんにまだ逢う前、お名前を聞いただけの時は、どんな方だろうか?
ここだけの話、お名前とはまるで違ったイメージの方ではないだろうか?
などと、不謹慎にもそう思ったり。

ある日、音の葉Houseにいらしてびっくり。

よ、妖精?

ふわっと優しい、物静かな妖精が、目の前に座って、私はどうしたらよいか、実は困った。

何を隠そう、これが私が のばらちゃんに逢った時の第1印象なのであります。

しかし、しかしですよ。
彼女は別のところで私の期待を大きく裏切りました。

ヴァイオリン 佐藤 奈美とのデュオで出演してくれた のばらちゃん。
本番では度胆を抜く演奏。
私、この曲が大好きなんです、と言って 弾いてくれた曲が、ふわっと優しく、なんてもんじゃなくて
超かっちょいい、ちょっとジャズってる曲だったり。
それを、スイスイと弾きこなした。

しかも、よくしゃべる。
笑う。
おいしいって言って よく食べる。

あ、あなたって人は、、、。

佐藤奈美との本番は、伝説のライブとまで言われた。
お客様との一体感。
1曲1曲ごとの盛り上がり。

見事だった。

そんなのばらちゃんが、明日の夜、クルミドコーヒーでの「音の葉の夕べ」に出演します。
明日はたった一人で。

きっと明日もよくしゃべり、笑い、弾いてくれることでしょう!(大笑)

10/17(木) 明日 19:30~

ご予約、まだですか?
それはいけません(笑)
お急ぎください。
クルミドコーヒーの電話番号は 042-401-0321 ですよ。

もちろん、クルミドコーヒーのおいしい飲み物もあります。

続く 今日の裏話
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-16 18:24 | 演奏者紹介

のんびり ゆっくり

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

この3連休、東京はとても良いお天気に恵まれました。
旅行などお出かけの方も多かったのではないでしょうか。

そういう我が家は専ら近場で、うろうろしておりました。
d0178669_13591989.jpg


ある日は公園。家族でピクニック。
サンドイッチを持って自転車で6キロほどの小金井公園へ。

ここは私の好きな場所。

お湯を沸かす道具も持って行ったので、紅茶やコーヒーなど その場で入れて、サンドイッチやおやつを楽しみました。
バドミントンをしたり、キャッチボールをしたり。
そして時々私はのんびり読書。

お天気も良かったので、公園はたくさんの人でにぎわっていました。

フリーマーケットをするひと、のぞくひと。
凧をあげるひと。
走るひと。
自転車に乗るひと。
運動会をしてる団体。
お昼寝してるひと。
楽器を練習してるひと。
・・・・

それぞれが別々のことをして楽しんでるだけなのに、なぜだか 居心地がいい。
きっと 何をしてもいいよ~、、という空気があるから。

最近、こういう時間は意識して作らないと、と思うようになりました。

こういう時間こそ、振り返った時に思い出す、豊かな時間になるような気がします。

続く → これからの音の葉
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-15 14:21 | お菓子 お花 日々のこと