音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:演奏者紹介( 69 )

また食べてる ヴァイオリニスト

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています。 
http://otonoha-concert.com

ある朝ふと春の空気を感じて、冬のコートをやめてスプリングコートを羽織って出かけました。
ちっとも寒くない。
桜のつぼみが一層ふくらんでいるのも見えます。

東京はもう春です。

音の葉も4月以降のスケジュールをこれからどんどんアップしていきますので、
チェックしてくださいね。

3月もたくさんの方々にいらしていただきましたが、
今月最後は、3月19日(木)19:30~ クルミドコーヒーで開催する「音の葉の夕べ」のみになりました。
出演は、先日も音の葉houseで演奏してくれた ヴァイオリン 山口優香、そしてピアノ 細木原光紗 のふたりです。

d0178669_22494437.jpg
                               ヴァイオリン 山口優香

抱腹絶倒のブログを、クルミドコーヒー店主の影山知明さんが書いてくださいましたので、
ぜひぜひご一読ください!
私は、お腹がよじれるか、と思いました、笑

クルミドコーヒー ブログ
http://ameblo.jp/kurumed/

皆さまのお越しを心からお待ちしております。
ご予約は クルミドコーヒー 042-401-0321



今日の裏話 
[PR]
by otonoha-concert | 2015-03-16 22:59 | 演奏者紹介

サックス クラシック サックス クラシック・・・早口言葉?

音の葉Home Concert ホームページリニューアルしました
http://otonoha-concert.com

台風一過、今日はとっても暑い東京です。
こんな日はシュワシュワしたものが飲みたくなりますよね。
(え、ビール?おほほ、ジンジャーエールですわよ!)

今月の音の葉はいつものすべての会場で、管楽器によるライブを開催しています。

今度の月曜日(7/14) は、絵本屋「おばあさんの知恵袋」で
サックス2本でお届けします。

サックスの演奏家たちをご紹介します。
d0178669_15200549.jpg
あ、間違えました。

これは近くの姿見の池に今 住んでるコガモちゃんです。
(コガモちゃんは8羽います。見にきてね~!)

では気を取り直して・・・
d0178669_15002852.jpg
d0178669_15012925.jpg
d0178669_15011321.jpg
サックス 石山佳奈・赤木俊祐 です。

音の葉初登場です!!

石山佳奈は5/25、国分寺にあるJAムーちゃん広場でのイベントに出演してくれました。
今回は、以前から一緒に活動している赤木俊祐くんと一緒に演奏してくれます。

サックスというとジャズを連想される方が多いと思います。
ポピュラー音楽の中でも重要な楽器です。

音の葉ではクラシックでサックス、です。
月曜日のライブでは、サティのジュ・トゥ・ヴ、や クライスラーの 悲しきロスマリン、イングランド民謡のグリーンスリーブス、といった
聴き馴染みのある曲も演奏しますが、ここは音の葉、ぜんぜん有名じゃない曲だけど、とってもおすすめしたい隠れた名曲の数々もご紹介します。

ルクレール、というバッハと同時代を生きた作曲家の 「2つのヴァイオリンのためのソナタ」
ヒンデミット という現代の作曲家の 「2つのアルトサクソフォンのためのコンツェルトシテュック」
グリエール というロシア生まれの作曲家で、モスクワ音楽院ではプロコフィエフやハチャトゥリアンといった今ではとても有名な人たちを育てた人です。
そのグリエール作曲の「 ヴァイオリンとチェロのための8つの二重奏曲」  など
演奏家たちが、今、聴いていただきたい曲を盛りだくさんで、ご用意しています。

クラシックでサックス
サックスでクラシック

ぜひ小さな場所で聴くサックス、お楽しみください。
残席わずか、となっています。
ご予約はお電話でも承ります。
070-5272-3463









今日の裏話 → 最近思うこと 
[PR]
by otonoha-concert | 2014-07-11 16:00 | 演奏者紹介

素直であること

音の葉Home Concert ホームページ
 http://otonoha-concert.com

d0178669_22315793.jpg
今日は何度 笑ったことでしょうか。

朝10時から始めた「公開練習」
2/20に本番を控えての練習を聴きに たくさんのみなさま、いらしてくださいました。

ある曲を練習中、曲の終わりをどう弾くか、ということになった時。

ピアノ のばらちゃん 「この最後のチャララ~ン、と入るところ、どうしたらいいと思う?」
(悩みつつ、何度もそこを繰り返し弾いてみる。)

ヴァイオリン 奈美ちゃん 「もっと抜くように弾いたら?」

のばらちゃん 「こう?」「ん?こう?」

奈美ちゃん 「実はここはヴァイオリンも同じようにピアノと一緒にチャララ~ンと入るのですが、すっごくかっこ悪いんです。
だからカット!」

お客様 「えぇ~、笑」

奈美ちゃん 「だってね、ピチカート(弦をつまむように弾くこと)でチャララ~ン、と入るようにと楽譜にあるんですが、こうなるんですよ。」
と言って そこを演奏する。

お客様 笑笑笑

奈美ちゃん 「ね、おかしいでしょ?だからカット。」

ながはら「じゃ、どれだけ変になるか、一緒に弾いてみて」

なみ、のばら「じゃ、やってみます」

一同 大爆笑!


本当に楽しい公開練習でした。
きっと今日いらした方は笑って免疫力が上がって、風邪も吹き飛んだんじゃないでしょうか。

しかも、今日の練習はかなりの大曲をガツンと聴かせてもくれました。

「本番は予定があるからやめとこう、と思っていたのだけど、やっぱり来ようかな」
本気で悩んでおられる方もおられました。

今はこうだけど、本番ではどうなるのか。
またも、奈美のばらコンビは本番への期待をたっぷり残して、今日の練習を終了しました。

公開練習。
演奏家が何を考え、何を想い、何を目指しているのか、ぜひ見に聴きにいらしてください。

きっと今まで知らなかったクラシックの世界に出会えると思います。

ヴァイオリン 佐藤奈美
ピアノ 紫芝のばら

本番は2/20(木)音の葉House にて。
10時からの回は満席ですが、13時からの大人の方向けの回は、まだお席を少しご用意できます。
ご予約は→●



今日の裏話
[PR]
by otonoha-concert | 2014-02-13 23:26 | 演奏者紹介

木曜夜は大人の時間・・・

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

P
d0178669_23223401.jpg
photo by HIKARU

今日は満月。
冬の月は、凛としていますね。

月や星を眺めていると、地球も宇宙の一部なんだ、と実感します。
当たり前なのですが、改めて思うと
なんだか自分の内側にあるものがすーっと伸びて、
宇宙に向かっていくような不思議な感覚を覚えます。

12月の音の葉はchristmas、プログラムもしっとり、そして華やかに、クリスマスならでは。
先日、クリスマスの本番がすべて終了しましたが、
残り1回だけ 大事な大事な夜があります。

「音の葉の夕べ」in クルミドコーヒー

出演 ピアノ 紫芝のばら (写真上)

一度でも、のばらちゃんの演奏、聴いてくださった方はよくおわかりと思いますが、
このピアニストも見た目と実際はまったく違う、別人になる人です、笑

しかし。

もうピアノをやめてしまおうかと。

一番最初に逢った時、そんな話から始まって、相当困惑した。
ま、そう言わずに、一度だけ音の葉で演奏してみたら?
というようなことを言ったような気がする。

そして音の葉Houseで演奏してくれた のばらちゃん。
それはそれはすごかった。
もう彼女の身体を通して溢れ出る音楽は、会場を包み、そして彼女自身をも包み込みこんだ。
その時から伝説を作るピアニストとして、音の葉では名高い。

あれから。
もうやめる、なんて一度も彼女の口から出てこない。

そう、のばらちゃんはピアノを弾くために生まれてきた。
誰よりもわかっているのは、当の本人、のばらちゃん。
そしてみんな、のばらちゃんのピアノが聴きたい、と思っている。

そんな のばらちゃんが、今週木曜日19:30~
演奏をしながら、曲のこと、自分のこと、音楽に対する想いを語ります。

あ、ほんとにたくさん語るので、みなさん覚悟ですよ、笑。
もうのばらちゃんの好きな話だから、止まらない、止まらない、笑。
誰か止めて~~~!心の中で叫んでる私がいるかも、笑。 
会場で私を見つけたら、指で空中にぐるぐるを書いてる姿になってるかも、笑。
(のばらちゃん、時間だぜ、って)

ピアニスト 紫芝のばら

応援しにいらしてください。
私も行きますよ。

12/19(木) 19:30~ クルミドコーヒーにて
ご予約は 042-401-0321 クルミドコーヒー


今日の裏話 秘蔵写真あり。
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-17 23:50 | 演奏者紹介

フルーツパフェ 全部のせ、みたいな?

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_15292566.jpg
d0178669_15310024.jpg

トリオカルディア
ヴァイオリン 星野沙織・フルート 日野真奈美・ ピアノ 高橋亜侑美

明日、あさってと今度は「トリオカルディア」が出演してくれます。

明日(12/9) は絵本屋「おばあさんの知恵袋」
10:30~11:15

45分間の小さなライブですが、実は明日は盛りだくさん。
もしかしたら45分よりたくさん楽しい曲をお届けできるかもしれません。

お席あと少しだけご用意できます。
直前ですので、お電話にてご予約ください。
070-5272-3463

フルート 日野真奈美から今回のライブのこと、こんなメッセージが届きました。


今回はオペラアリアやクリスマスにまつわるメロディを、ぎゅっと詰め込んだプログラムにしてみました。
おもちゃ箱をひっくり返したような、賑やかで楽しい時間をお届け出来たらと思います♪


このメッセージのように、本当に今月、すごいです。

明日のプログラム、ご紹介します。

アヴェ・マリア ・・・ バッハ~グノー
主よ、人の望みの喜びよ・・・ バッハ
オペラ≪椿姫≫より「花から花へ」 ・・・ ヴェルディ
「歌の翼」による幻想曲 ・・・ メンデルスゾーン
オペラ≪ジャンニ・スキッキ≫より「私のお父様」 ・・・ プッチーニ
オペラ≪トゥーランドット≫より「誰も寝てはならぬ」 ・・・ プッチーニ
クリスマスメドレー
慌てん坊のサンタクロース~ジングルベル~きよしこの夜~ママがサンタにキッスした~赤鼻のトナカイ
映画「ニュー・シネマ・パラダイス」メドレー
二重奏≪アメリカ≫ ・・・ ドップラー


ぎゅっと詰まってる、というか、もうはみ出すほどというか。
このプログラムをフルート、ヴァイオリン、ピアノで演奏するのですから、豪華と言わずしてなんという?
まさに、どこかの喫茶店のフルーツパフェ、全部のせ状態。

そして明日のお菓子は「小さな台所」豊田たまみの
≪自家製フルーツミンスで作った クリスマスフルーツケーキ≫

たまちゃんのお菓子は今月で一旦終了しますので、ぜひこの機会に。

あさって(12/10)は音の葉Houseで公開練習。
こちらもお席,あと少しだけご用意できます。
070-5272-3463

音の葉Christmas、続行中。






さぁ、お待たせ、今日の裏話。

今日はこれ!!

d0178669_16125471.jpg
われらのWEBデザイナー しんどう氏による撮影です。
チェロケースへの落書きも。

昨日、クルミドコーヒーでの公開練習が終わって、西国分寺駅に向かうチェリストふたり。

チェロケースから足がはえてる!!

楽器を持ってる人がいると、じっと見てしまう私。

でも街の中に こんな人たちが、いつもうろうろしてるのっていいなぁって思います。

この後、管野真衣ちゃんは、府中の芸術の森で行われたバレエ「くるみ割り人形」のオーケストラで演奏、だったんですよ!
あ~~~~、その公演、私、行きたかったんだってば!!!!






[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-08 16:29 | 演奏者紹介

音の葉Christmas in クルミドコーヒー

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com


d0178669_18061304.jpg
d0178669_18082479.jpg
あちこちからクリスマスのイルミネーションの便りが届きます。
年末にかけて忙しいのに、なんだか充実するのもこの季節の特徴ですね。
人間、忙しい方がいろんなこと、やろうとするし、できちゃうもんです。

今日は今月、クルミドコーヒーで演奏するチェリストたちをご紹介します。

上 寺島志織 
(一緒に演奏しているのはフルートの下払桐子です)

下 管野真衣

今月のクルミドコーヒーはなんと2台のチェロでお贈りします。

チェロ、かっこいいですよね。
見た目もなんだかすごくいい。
そして低音の響きを想像するだけでも素敵。

寺島志織は最近、音の葉でよく演奏してくれています。そして、管野真衣は年明け1月にも音の葉Houseなどで演奏してくれる予定。
管野真衣はQueue Trioという3人で演奏してくれます。
ふたりとも普段は優しくほんわかしています。
でもいざ演奏となると、演奏スイッチが入ってがらりと変わります。
話している時、演奏している時、そのギャップも楽しんでいただければ、と思います(笑)

プログラム、ご紹介します。

ボッケリーニ:チェロソナタハ長調より第1楽章
アヴェマリア メドレー
モリコーネ:「海の上のピアニスト」より 愛を奏でて
A.ギャニオン:めぐり逢い
アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌
クリスマスメドレー
 B:マルチェッロ:チェロソナタ第5番

よくご存知ではないか、と思われる曲もたくさんあります。
もちろん、クリスマスの曲も。
クルミドコーヒーの店内もクリスマスになっています。
休日の朝、早起きして贅沢な時間をご一緒しませんか?
その日一日中、happyな気分です。
(私の場合、翌日も、翌々日も・・・happyが続きます)


12/7 9:00~ 公開練習
12/15 9:00~ 本番
いずれもお子さまもご一緒に聴いていただけます。

ご予約はクルミドコーヒーまで。
042-401-0321













この1年を振り返って②
[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-03 21:17 | 演奏者紹介

音の葉ノオト

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_23401076.jpg
夜の音楽

今夜、クルミドコーヒーで開催した「音の葉の夕べ」
ピアニスト 高橋亜侑美が選んだテーマです。

いつもクルミドコーヒーで朝、それも9時からというとっても爽やかな時間に演奏していますが、
夜というのはまた特別な感じです。

お客様もお仕事帰りの男性、たくさんいらしてくださいました。

今日、亜侑美ちゃんが演奏してくれたのは

ショパン ノクターン Op.27-2
                 ノクターン Op.48-1

フォーレ ノクターン

ドビュッシー 月の光


前回、出演してくれた時も大曲を演奏してくれましたが、今回も期待に応えてくれました。

これはまったく私の主観なのですが
高橋亜侑美のショパンは超一級です。

本人も話していましたが、大学時代に師事した先生がショパンの研究をなさっていたとのこと。
ショパンに造詣の深い方からレッスンを受けることができたこと、これはきっと亜侑美ちゃんの人生の大事な根っこのところに
なるのではないか、と思います。

そういえば私が学生時代、声楽のレッスン中に先生が
「私はね、声楽の中でもリート(歌曲)が専門なの。オペラのアリアも歌いたいだろうけど、でも、専門家からその専門について今は学ぶべきよ」

この言葉は今でも私の中にしっかりとあります。

餅は餅屋、なんです。

このブログでも何度も話していますが、人間、好きなことをしている時って最高に幸せですよね。
そしてその好きなことを聞かれたら...。
もうどうやって話そうか、とわくわくしながら、思わず語ってしまいますよね。

ショパンを研究するほどショパンが好き。
そんな方がショパンについて語るって、きっともう泉から水が湧き出でるように、盛りだくさんだったに違いありません。

そんな高橋亜侑美が演奏するショパンは、しっかりと身体の中に入っていました。
ピアノは電子ピアノではありましたが、きっとこれがスタインウェイのピアノだったら...と想像しながら聴くことができました。

そんな高橋亜侑美ちゃん、再来年3月21日にリサイタルを開催します。

リサイタルというのは、ピアノの場合、たったひとりで、いわゆるソロで、演奏することを言います。
1年以上かけてその準備をする、とのこと。
今夜の会場から「すごいなぁ」と思わずため息が漏れました。

しかも来年4月4日には、海外のオーケストラをバックに、ラヴェルのピアノコンチェルトを演奏することも決まっています。

はぁ~。

みんなが大きなため息をついた時
「あれ?そういえば、影山さん(クルミドコーヒー オーナー)、ラベルに似てません?」

ラ、ラヴェルって...

しゃべってる時はかなりおもしろい亜侑美ちゃんです。
でも演奏すると別人になるところがぐっときます。

亜侑美ちゃん、12月の音の葉にも出演してくれます。

トリオ カルディア
ヴァイオリン 星野沙織、フルート 日野真奈美、ピアノ 高橋亜侑美

12/10 公開練習 10:00~  @音の葉House  
まだ空きがございます。

12/16 本番 @音の葉House
10:00~ 満席になりました。キャンセル待ちを受け付けております。
13:00~ まだお席ご用意できます。

12/9 @おばあさんの知恵袋
まだ空きがございます。

ご予約は→●

今夜も若い演奏家を心から尊敬した、そんなひとときでした。



続く → 音の葉ノオト
[PR]
by otonoha-concert | 2013-11-22 00:23 | 演奏者紹介

音の葉の夕べ 明日です

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

今朝の空は真っ青、本当にぬけるような青空でした。
空を見上げてるだけで、よし、今日もがんばるぞ、と思えます。

d0178669_17391411.jpg
ピアニスト 高橋亜侑美

明日の夜、クルミドコーヒーで開催する「音の葉の夕べ」に出演します。

亜侑美ちゃん、いつも真摯に自分の中にある音楽と向き合っています。
私とプログラムの相談をする時も、この「音の葉の夕べ」のことを話す時も、とても前向きに真剣で、いつもすごいな~、と思っています。

こうしたい、こうなりたい。

もちろん、演奏家だって迷いもあるし、若いので若いなりに悩みもあることと思います。
でもその悩みも私はいいなぁ、と思うのです。

「音の葉の夕べ」は、演奏家ひとりだけを招いて、たっぷり1時間、演奏を交えながら、曲のこと、自分のこと、作曲家のこと、いろんな話をする会です。
本番の時にはなかなかわからないその人の素顔に逢える、そんな時間です。

演奏を聴きながら、皆さん、何を感じておられるのかな、といつも思います。

「私、この演奏家と友だちになれるかな」
「この演奏家、尊敬するなぁ」
そう思うことも私はしばしば。

そう、もっと演奏家と仲良くなってもらいたいのです。

演奏家と仲良くなる時間。
明日、11/21(木)19:30~ クルミドコーヒーにて。

ご予約はクルミドコーヒー 042-401-0321 まで。

いろいろ質問など、ぜひ。







今日の裏話→ 風邪のひき始めには...
[PR]
by otonoha-concert | 2013-11-20 17:52 | 演奏者紹介

11/18 2席キャンセルがでました

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com
d0178669_10354196.jpg
今日はぐっと冷え込んでいます。
こんな日は、あったかい飲み物とレッグウォーマー。
それにアームウォーマーもしてパソコンに向かっています。
ストーブつけるほどじゃないけど、ちょっと冷える、っていう時
みなさんはどうなさっていますか?

今日はあさって 11/14(木) 音の葉House 11/18(月) おばあさんの知恵でのライブに
出演する二人をご紹介します。

ヴァイオリン 横田智子
ピアノ 吉國美紀

音の葉初登場です。
とはいえ、横田智子ちゃんとは一度、別の場所でご一緒したことがあり、
それで今回 演奏してもらうことになりました。
横田智子ちゃんが ぜひこの方に伴奏を、といって紹介してくれたのが
ピアノ 吉國美紀ちゃんです。

この二人は東京音楽大学で一緒に学んだ同級生。
なので、合わせ練習をしている時も
「そこ、もう一回やろうよ」
「いいよ」
と、あうんの呼吸です。

先日の公開練習の時のブログにも書きましたが、
クラシックだけでなく、ジャズやボサノバなど、他のジャンルも大好きで、
ピアノの美紀ちゃんは 自ら編曲したり、作曲したり、と多才です。
音の葉House と おばあさんの知恵袋、同じ曲を演奏したとしても
アレンジを変えて演奏するかもしれず、
そのあたりも私はとっても楽しみにしています。
両方聴けるのは 役得ですね~、笑。

先日の公開練習は主にブラームスの「雨の歌」を練習していましたが、
あさっての本番では、もっともっとたくさん いろんな曲を演奏します。
そして温かい飲み物とおやつも。
あ~、幸せ。
(自分で言ってどうする)

11/14 音の葉House 午前午後ともに まだお席ご用意できます。
11/18 おばあさんの知恵袋 キャンセルが出ました。2席ご用意できます。

ご予約は音の葉のホームページから→http://otonoha-concert.com/contact

久々の大学の学食へ
[PR]
by otonoha-concert | 2013-11-12 10:53 | 演奏者紹介

ししば のばら

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_1759586.jpg

                                              Photo by HIKARU

ピアニスト 紫芝 のばら

ししば のばら、と読みます。
えっ?それは本当のお名前?
誰しも言います。

はい。本名です。

宝塚の女優さんみたい!

はい。いつもそう言われます。

のばらちゃん、お名前が素敵すぎて 最初はこんな会話から入ることばかりなので、
もう慣れっこになってます、笑。
ちっとも恥ずかしがらずに、堂々と 「はい。それが何か?」
って感じのところが、私はぐっとくる。
いいなあ、のばらちゃん。(私、変態?)

のばらちゃんにまだ逢う前、お名前を聞いただけの時は、どんな方だろうか?
ここだけの話、お名前とはまるで違ったイメージの方ではないだろうか?
などと、不謹慎にもそう思ったり。

ある日、音の葉Houseにいらしてびっくり。

よ、妖精?

ふわっと優しい、物静かな妖精が、目の前に座って、私はどうしたらよいか、実は困った。

何を隠そう、これが私が のばらちゃんに逢った時の第1印象なのであります。

しかし、しかしですよ。
彼女は別のところで私の期待を大きく裏切りました。

ヴァイオリン 佐藤 奈美とのデュオで出演してくれた のばらちゃん。
本番では度胆を抜く演奏。
私、この曲が大好きなんです、と言って 弾いてくれた曲が、ふわっと優しく、なんてもんじゃなくて
超かっちょいい、ちょっとジャズってる曲だったり。
それを、スイスイと弾きこなした。

しかも、よくしゃべる。
笑う。
おいしいって言って よく食べる。

あ、あなたって人は、、、。

佐藤奈美との本番は、伝説のライブとまで言われた。
お客様との一体感。
1曲1曲ごとの盛り上がり。

見事だった。

そんなのばらちゃんが、明日の夜、クルミドコーヒーでの「音の葉の夕べ」に出演します。
明日はたった一人で。

きっと明日もよくしゃべり、笑い、弾いてくれることでしょう!(大笑)

10/17(木) 明日 19:30~

ご予約、まだですか?
それはいけません(笑)
お急ぎください。
クルミドコーヒーの電話番号は 042-401-0321 ですよ。

もちろん、クルミドコーヒーのおいしい飲み物もあります。

続く 今日の裏話
[PR]
by otonoha-concert | 2013-10-16 18:24 | 演奏者紹介