音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

『ピアノの泉』いよいよ始まります

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています
http://otonoha-concert.com

音の葉を始めて5年と5か月になります。
その間、いろんなことがありました。
たくさんの出逢い、たくさんの喜び、
時には 失敗し、そしてまた立ち上がり。

いつものレギュラー会場、ご依頼いただいた場所での演奏など
数えれば きっと100どころではない数のライブを開催させていただいてきました。

その中でいくつも気づいたことがあります。
どうすればもっと「こうなりたい」と思うことに近づけるか。
「こうなりたい」に近づくために これをやりたい、あれもやりたい、という項目が挙がってきました。

その中のひとつ、ピアニストに向けたピアノ講座『ピアノの泉』をこのたび立ち上げることにしました。
http://otonoha-concert.com/piano/

ピアノ調律のエキスパート 三矢真人さんを講師にお迎えして 6月8日(月)をオープニングの日にしました。
その後、7月から2か月に1度、全6回 三矢さんから ピアノの調律のことだけにとどまらない、ピアノという楽器全般についてお話していただきます。
時には実践的なことも交えて。

そもそも 三矢さんと私の出逢いは 音の葉houseのピアノを調律していただいたのがきっかけでした。
それは昨年の3月のことでした。
普通、ピアノの調律は、この部分が気になる、など 普段演奏していて困ったことなどがある場合は特にそのことをお伝えして、数時間かけて調律、メンテナンスして
いただきます。
そして ありがとうございました、とお礼を言って、次回はいつごろ、なんてお願いして終わりです。

三矢さんの場合は、すでにその日から「ピアノの泉」でした。
おそらく私が「なぜ音の葉をやっているのか」ということにも興味を持ってくださっていたのもあるかもしれませんが
調律が終わった後、お昼ごはんも食べるのも忘れて3時間、ドイツでの修行時代のこと、
その修行時代に目の前で ベルリンの壁が崩壊するのをご覧になっていたこと、
そもそも どうしてドイツに修行にいったのか、ということ
そこで何をなさっていたか
ドイツに行かれる前はどうなさっていたのか
いったいピアノっていう楽器は...

もうそれはそれは 目からうろこの話が次から次へと、まるで泉のごとく湧いてでてくるではありませんか。

たぶん私はその時 ハトが豆鉄砲をくらったような顔をしていたのだと思います。
三矢さんは笑いながら、「僕はピアノについて、たくさんお伝えしたいことがあるんです。 実際にそういう講座を持って
教えていたこともありました。」
そうおっしゃって、それから数日後、ご自分で書かれたピアノについての講座の内容のレジュメを送ってきてくださったのです。

ある方が 今回のこの「ピアノの泉」という講座についてこんなメッセージを寄せてくださいました。

音楽家と楽器職人。
レーサーとメカニック。
ランナーとシューズメーカー
競泳選手と水着メーカー

挙げたらきりがないけど、おもしろそうだなぁ。

ピアニストは、自分の楽器を毎回演奏場所に運ぶことができません。
そこに置いてあるピアノで演奏しなくてはなりません。
そのピアノは いつもベストコンディションである、ということは実は稀で
しかも自分が持っている楽器とは違うメーカー、違う品番です。
時には まったく調律も メンテナンスもされていない時もあります。

それでも その時にできる最高の演奏をしなくてはならないのです。
楽器のせいにしてはいられないのです。

それはピアニストにとって とても大変なことです。
慣れているとはいえ、毎回向き合う楽器が違うのです。

例えば、新しい自転車に乗った時、あれ?と思われませんか。
自動車の運転もそうですよね。

毎回毎回のそのドキドキのピアノの対面、
すぐに始まる本番での演奏。

その時にもしもピアノについて十分な知識があれば、
無駄な時間を慌てて過ごすことが減ると思うのです。
咄嗟の対応もできるかもしれません。

そして何より、ピアノという楽器を十分知っているんだ、という自信が
安定した演奏につながります。

ピアノには、たくさんのメーカーがあります。
国内ではヤマハ、カワイ が有名ですが、海外では スタインウエイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン、ザウター
スタインベルグ、プレイエル、、、まだまだたくさんあります。
それらの特徴を熟知しておくと、どれだけそれが助けになるか。

それはすべて自己肯定力となります。

大学では教えてもらえない、プロのピアニストに向けた講座です。
もちろん、ピアニストではなくても、ピアノという楽器にご興味のある方にとっても
とても興味深い、人生を豊かにしてくれる時間になると思います。

私も生徒のひとりとして参加します。

ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。
詳しい内容、ご予約は
http://otonoha-concert.com/piano/










 


[PR]
by otonoha-concert | 2015-05-11 17:36 | ホームコンサートのご案内