音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

ヴァイオリン! ヴァイオリン!!

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています
http://otonoha-concert.com

姿見の池近くの梅も満開をすぎ、
次はいよいよ桜の番だとばかりに つぼみを膨らませているのが見えます。

卒業、就職、退職、、、この時期は少しさみしい時でもあります。
そしてあれから4年。
まだまだ復興とは程遠い2015年の3月。
今月は皆さまと一緒に祈りを捧げたい、と思います。

ということで
「祈り」というテーマで、すでに音の葉の3月のライブ、開催しているところですが、
今週は大きなライブが2つ。

3月12日(木)  @音の葉house
ヴァイオリン 山口優香  ピアノ 細木原光紗
d0178669_15261645.jpg
山口優香は昨年秋、「ぶんぶんウォーク」という国分寺のお祭りの時に
クルミドコーヒーで中高生だけのライブで演奏してくれました。

もっともっと上を向いていきたい。
でも迷いや不安の中で必死に頑張っている中高生に、
少し前を歩く人生の先輩でもある山口が、ひとりひとりの前に立って演奏し
エールを送りました。

12日には音の葉houseで、午前は、日々子育てに奮闘しておられるママやパパ、
午後は その昔 子どもだった皆さまのおひとりおひとりの前に立ち、演奏する予定です。

そして午後のプログラムではなんと バッハの「シャコンヌ」 演奏します!!
以前、クルミドコーヒーでの「音の葉の夕べ」でも挑戦した15分間にわたる大曲に
今回 また挑みます。

バッハ「シャコンヌ」 はこんな曲です。
↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=vx4smRlFAnw

そして3月15日(日)朝9時からは
クルミドコーヒー

ヴァイオリン 増村寿乃
ピアノ 清田千絵

増村の演奏を一度でもお聴きくださったなら、
きっともう忘れることはできないでしょう。
音の葉houseで昨年に続き、今年も先月演奏してくれた増村寿乃。
昨年聴いてくださった方々が、増村の名前だけですぐに思い出してくださり、
続々とご予約を頂戴しました。

オープニングの曲からいらしてくださった皆さまの表情が変わりました。
会場はぐっと引き締まった空気に包まれ、でもそれは緊張感もありつつ、
緊張だけでない、どこか違う世界へあっという間に私たちは連れていかれたかのような
気がしました。

日曜日の朝のクルミドコーヒーの空気がどうなるのか
私は今、たくさん想像しています。
でもきっとその想像なんて、はるかに超える何かになるのだろうな、と思いながら。

3月の音の葉、心を込めてお届けします。
新しい世界に飛び出す方へ
新しい年度で体制の変わる方へ
まだ復興が追い付かない被災地の方々へ
ヴァイオリンとピアノの音色とともに、祈りたいと思います。

ご予約状況 (3/10現在)
3/12 午前は満席です。
3/12 午後はまだお席ご用意できます。
3/15 残席わずかです。

ご予約は
音の葉house → 音の葉のhp
クルミドコーヒー → クルミドコーヒー 042-401-0321 まで

お待ちしております。















さぁ、ここからは裏話。
私が最近、よく音の葉のライブ、小さなお子さま大歓迎の回でお話していることを
こちらにも書こうと思います。

音の葉では、いろんな方に聴いていただきたい、と思っています。
障がいをお持ちの方、その方をいつも見守っておられる方。
小さなお子さまを育てておられる方。
ご病気の方や、お歳を召した方の介護をなさっておられる方。
毎日、お仕事がお忙しい方。
家事を一生懸命なさっておられる方。
などなど・・・

特にどなたかとご一緒にいらっしゃる方にお伝えしていることがあります。
例えば小さなお子さまをお連れの方に。

小さな時から生演奏を聴かせてやりたい。
情操教育をしたい
音楽の好きな人になってほしい。
そうおっしゃる方がとても多いです。
お気持ち、よくわかります。

でも、そこにご自分のことはどのくらい思っておられるかな、と思うことがあります。

私自身、子どもが小さかった時、生演奏を聴く機会はまったくといっていいほどなく、
本を読む時間も、ゆっくりお風呂に入る時間も、ほっとお茶を飲む時間もありませんでした。
そんな時、ひとりになりたい、いつもそう強く思っていました。
5分ひとりだけになれたら、何をするかな?
10分だったら、
30分だったら、
1時間だったら、
1日だったら・・・

そんなことを究極に考えたことは、結果として 自分自身を知ることになりました。

きっと小さなお子さんを育てておられる方は、ご自分のことも大事にしたい、と
どこかで思っておられるのではないでしょうか?
そんなこと言ったら、びっくりされちゃう。
そんなことしたら、ダメな母親だと思われる。
そうご自分にブレーキをかけておられませんか?

音の葉は、お子さまもどうぞご一緒に、と積極的にお子さま連れの方を大歓迎する回を
月に2回以上作っています。
それは、お母さん、お父さんのためにご用意しています。

お子さまの情操教育のためではなく、
お母さん、お父さんのための時間です。

でも、お子さんをどこかに預けるのは大変ですし、
一緒にいたい。
だから、どうぞご一緒に、としています。

子育ては大変な労力です。
お金をもらわないと仕事とはいえないのでしょうか。
違います。
収入にならない仕事も とても尊い仕事です。
子育てをなさっておられる方は、まずはご自分でご自身を
誉めてください。

24時間、年中無休
こんなにもがんばっているご自分をしっかり優しく受け止めてください。

そしてご自分のために音の葉にいらしてください。

私たち、たくさんの温かいお飲物と、おやつをご用意して
お待ちしています。

お子さんは動き回っても大丈夫です。
それが子どもだから、です。
危なくなければ、何をしてもかまいません。
こちらに余裕があれば、多少ならお子さまを見守ることもできます。
授乳もおむつ替えも、演奏中でもどうぞご自由になさってください。

たまには、誰かにお茶を入れてもらって、一息休んでください。

そんな気持ちで今週も皆さまをお待ちしています。










[PR]
by otonoha-concert | 2015-03-10 15:22 | ホームコンサートのご案内