音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

中学・高校生のみなさんへ贈る とびっきりの朝

音の葉Home Concert ホームページ 更新しています。
http://otonoha-concert.com

d0178669_12003526.jpg
私が音の葉を始めた時に、間近で聴ける生の音楽を
届けたい場所、届けたい誰か、というのが、たくさん、たくさんありました。
それは5年経った今もそうです。
その中のひとつに

『中学生 高校生に届けたい』

というのがありました。

昔、私がピアノのレッスンに通っている時、先生が「次回はこれを弾いてきてね」と
目の前で演奏してくださった、あの時。
「なんで私が弾くのとは、こんなに音が違うんだろう・・・」
ドキドキしながら聴いていたことを、今でも大切に思い出します。

もうすぐ学生生活が終わろうとしている大学時代、教育実習で行った母校の高校で音楽の授業をしました。
最後の授業は自分の好きなようにしていいよ、と恩師でもあった音楽の先生から言っていただいたので、
それでは、と ピアノで数曲、そして声楽でも数曲 演奏して、高校生たちにその時の私の精一杯の気持ちを伝えました。

私のつたない演奏だけの授業であったにも関わらず、授業が終わるやいなや、
生徒たちが私に駆け寄ってきました。
みんな目が輝いていました。

正直、自分の中ではぜんぜんうまく演奏できていなかったので、この反応にはびっくりでしたが、
でも、この日のことは心の中で 何か手ごたえのようなものを残していました。

いろんなことに迷ったり、不安になったり、他人の言動に一喜一憂したり
そんな大変な時を生きている 中学生、高校生に、ほんの少し先を行く人生の先輩が
好きで好きでたまらない演奏をしている姿を目の当たりにすること、
そして心を届けること。
全校生徒が入れるような大きな場所ではなく、お互いの息づかいをも聴こえる小さな場所で
「あなたに」と 届ける音楽。

そんな音の葉のライブを中高生に届けることはできないだろうか。
そう悶々と考えていました。

実際に学校に電話したこともあります。
教育委員会に電話したこともあります。
中学生、高校生のお子さんのおられる方にお声かけしたこともあります。
市役所の方に相談したこともあります。

あっちに行って壁に当たり、こっちに行って壁に当たり、、、。
結局、これは諦めるしかないのか、と でもまだ諦めきれずに悶々としていました。

ある日の chant音の葉のチームのミーティングの時。

11/23,24 の2日間開催される、国分寺のお祭り「ぶんぶんうぉーく」で、今年は音の葉はどう参加するか。
そんな議題の時に クルミドコーヒーのオーナー 影山さんが
「中学生、高校生しか入っちゃいけない、音の葉コンサートはどう?」
そう提案してくださいました。

もう夢のようなお話でした。

11/23 朝 9時から クルミドコーヒーで開催します。

中学生、高校生だけの音の葉コンサート。

(保護者の方のご入場もお断りして、開催します)

演奏は
ヴァイオリン 山口優香
ピアノ 武田麻里江

吹奏楽などで管楽器などをなさっている方も、今まで楽器を特に習ったことがない方も、
クラシックなんて聴いたことがない方も、ぜひ日曜日の朝、いらしてください。

音の葉のスタッフも、クルミドのスタッフさんも、もちろん演奏家たちも
中高生のみなさんにエールを送りたいと思っています。

参加費 ¥1500
ワンドリンク・焼きたてマフィン つき

今回、ヴァイオリン山口優香を選んだ理由は、次回のブログでお伝えしようと思います。
















[PR]
by otonoha-concert | 2014-11-08 21:12 | ホームコンサートのご案内