音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

好きなことをすること

音の葉Home Concert ホームページ ご覧ください。
http://otonoha-concert.com

秋は月がよく似合います。
十五夜、そして十三夜。
先日は皆既月食、ブラッドムーンという赤い月でとても神秘的でした。

月をテーマにした曲もたくさんありますが、
人類が月に着陸して以来、少なくなってしまった、と言った人がいました。

でも、たとえそうであっても、やはり月は素敵だなぁ、といつも眺めています。

先月の音の葉のテーマは「月明かり」でした。

今月は「山粧う」
ヤマヨソオウ と読みます。
山の木々が赤や黄色に紅葉する様を 山粧う、う~~ん、この表現、好きだなぁ。

春は 山笑う
夏は 山滴る
冬は 山眠る

ね、素敵でしょ。
こうして季節を感じて生活するって、豊かだなぁ、と思います。

東京は台風が過ぎ去りました。
また秋が一日、また一日と深まっていきます。

ところで、ここから。
今日は「好きなことを仕事にする」ことについて、書いてみようと思います。

仕事にする、というとハードルが高いかもしれませんね。
とにかく「好きなことをする」ということについて。

ある人が言いました。

努力とか忍耐とか言ってる時は、ほんとはそのこと、好きじゃないんだよ。
向いてないんだよ。
好きっていうのは、努力じゃない。
ただただ、好き、それだけなんだ。

私はよく「好きなことしてて いいね」と言われます。
はい、その通り、毎日 楽しくて楽しくてどうしようもないんです。

もちろん、失敗すること、いっぱいです。
もう大きな穴を掘って、すぐに入ってしまいたいこともよくあります。
好きなことばっかりしててこう言うと、信じてもらえないこともありますが、
ほんとに失敗はいっぱいです。

それでも楽しいんです。

とはいえここまでくるのには、好きなことばかりしていたわけではありませんでした。

最初から好きなことばかりやってる人もおられるかもしれませんが、
私の場合は、あれやって、これやって・・・壁にぶつかって
方向転換して、またぶつかって・・・

この繰り返し。
好きかもしれないから、ということをずっとあれこれと。

しかしこの繰り返しの中で、少しずつ少しずつ、取捨選択していました。

やってみたけど、違っていた。
違ってはいたけど、こうだったら良かったかも。

これはおもしろい!
でも、ここはちょっと違うかも。

そんな小さなハギレを、心の中で少しずつ溜めては、時々取り出して整理して。

そんな中で、自分のできないことを思いっきり認めていかざるを得なかった、それは痛みも伴った選択でもありました。

反対に、これが好きなんだ、こうしているとワクワクするんだ、という本当に凝縮した形で
思い描くようにもなっていきました。

もちろん今でもまだ試行錯誤の日々。
しかし、この試行錯誤の楽しいことといったら!
できないこと、うまくいかないことだらけなのに、それをどうしたらうまくいくようにするかを
考えている時間は 私にとって至福の時間なんです。

悩んでるのに楽しいって、自分でも笑ってしまいます。

でも、これこそが「好きなことをする」ということなんじゃないか、と思うのです。

これはきっとすべての人に起こることだと思っています。

ラッキーな人は、目の前に降りてきたラッキーに気づくからラッキーなんです。
それは、いつも探しているし、求めて進んでいるから、気づくのです。
ふと降りてきた時に、素直に手を出すことができるからラッキーなんです。

そしてその進みたい先にあるものが、
「誰かが幸せになること」

これさえ心の中で温めていれば、きっときっとその道は開かれると信じています。




[PR]
by otonoha-concert | 2014-10-14 12:42 | ホームコンサートのご案内