音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

今夜は初雪?

音の葉Home Concert ホームページ
http://otonoha-concert.com

d0178669_14454092.jpg
今日の夜は東京に雪が降るかも、との情報。
朝からどんより曇り空。
いつ雪が降ってもおかしくないほど寒い。

いつもブログを書いてるこのPCのある窓から見える景色は
姿見の池周辺の木々。
黄色や茶色になった葉もかなり落ちて、いよいよ本格的な冬到来の景色となっています。

今週は日曜日から本番が続きました。

写真は12/16(火)の 音の葉Houseの午後。

出演は トリオカルディア。
ヴァイオリン 星野沙織・フルート 日野真奈美・ピアノ 高橋亜侑美

午前も午後もたくさんの方々にいらしていただきました。
ありがとうございました。

音の葉Christmas

昨年のこの12月もトリオカルディアでお贈りしましたが、
クリスマスにお願いするのは今年2回目。

今回、私のところに事前に届いたプログラムを見て、びっくり。
いったい何時間演奏するの?
そう本気で心配するほど、盛りだくさんのプログラムにお客様は大興奮。
中には公開練習もいらしてくださった方も数名おられて、満喫してくださいました。

d0178669_14553974.jpg
逆光で写りが悪くてごめんなさい。
午前、小さなお客様がたくさんいらしてくれた回です。

この日はなんと11組もの親子でのご参加。他に大人の方だけでもご参加くださいました。

こんなにたくさんおちびちゃんが来てくれて、いつも私は幸せな気持ちになります。
最初に来た日は大泣きしたのに、翌月からすっかり慣れて、泣いたことなんて忘れて
とってもリラックスして聴いてくれた子。
まだねんねの頃から来て、今ではしっかり歩くようになった子。
今日初めてという子も 大音量の中ですやすや寝始めて、
ママはゆっくり鑑賞できました、という方。
毎月、楽しみでしかたない、と言ってくださる方。

午前も午後も、もう何度もいらしてくださる方がとても多いのが音の葉の特徴です。
きっと生の音を聴き続けることの良さ、に気づいてくださっているのではないでしょうか。

実際、私がこの音の葉を始めてちょうど4年経ち、実感するのは
ずっと聴き続けることの良さ、でした。
何かわかろうとしなくても、難しい音楽理論なんてまったく知らなくても、
そこには作曲家からのメッセージや演奏家からのメッセージが詰まっています。

人生には楽しいこともつらいことも、時には深い哀しみや挫折、
いろんなことが起こり、いろんな感情が湧いてきます。
それは過去に生きてきた作曲家たちも同様であっただろう、と思います。
作曲家や演奏家、音楽だけでなく美術の人たち、クリエイティブに生きる人たちは、
まだ誰も通ったことのない道を
ただ自分の強い想いの中で突き進みます。
そこには困難もついてきます。
それでも前へと進もうとするその想いが作品の中に溢れています。

もちろん幸せな時もあり、それも溢れんばかりに表現しています。

演奏家たちは、こうした作曲家の想いを受け取り、自分の身体の奥深くに沈め、
そして演奏家自身の想いとともに音にしています。

ひとつの曲を多くの国の多くの演奏家たちが、演奏しながら現代の世の中につないでくれたのです。
そして、今 目の前でその音を受け取るのが私たちです。

時代は変わっても、こうして語り継ぐようにして再現されるクラシックの世界のすごさに
いつも私は心揺り動かされ続けるのです。

今回演奏してくれたトリオカルディアは、今、CDを製作中です。
発売は3月の予定。
音の葉でも販売します。
ご期待ください!





また熱く語っちゃった。
いや~、もうわかった、わかった、って思ってらっしゃる?笑

すみません。
でも、ま、だまされたと思って、音の葉に通い続けてみてください。
きっと何か不思議な人生の幕が開きますよ、ふふふ。

先日、この裏話でちらっと「スタッフ募集」とつぶやいたら、数名の方が手を挙げてくださいました。
ありがとうございます。
とても嬉しいです!
これからも小さく「スタッフ募集」させていただこうと思います。

あの・・・特典は ながはらの変な話が聞ける、というだけですので、どうか他に何も期待なさらないでください、笑。

詳しいスタッフのお仕事内容などは、変な話とともに直接させていただきますので、
音の葉のホームページ お問い合わせフォームにご記入ください。
追ってこちらからご連絡いたします。
お名前とメールアドレス、お電話番号お忘れなく。→●

雨が降り始めました。夜、雪に変わるのかな?
こんな寒い日こそ、ストーブの上でゆっくりゆっくりおいしくなるようなものを用意しました。
ワインにぴったりなものですよ。
そのメニューはfacebookにて。笑





[PR]
by otonoha-concert | 2013-12-18 16:04 | 終了しました