音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

今日、ご紹介するのは

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

演奏家紹介 6日目の今日は

ピアノ 清田 千絵 をご紹介します。

d0178669_163345.jpg


清田 千絵さん
きよた かずえ さんと言います。

私は、かずえちゃんと呼んでいます。
同級生の演奏家たちからは「きよた~」と呼ばれているようです(笑)

この千絵ちゃん、音の葉のホームページを見て、私に連絡してくれたのが最初です。
(まだそのころはブログだけだったかもしれません)
それで他の方々とオーディションをすることになりました。
オーディションには、写真に一緒に写っている ヴァイオリンの荒巻 美沙子ちゃんと一緒に来てくれました。


圧倒的な演奏力、次から次へと「あれも演奏できます、これもできます」と
引き出しを開け続け、私はただ嬉しくて 「やって、やって!」とお願いしたという、
これはオーディションなのか、ただ単なる、おもしろがりのお客様になっていたのか。

もうそれはそれはすごい勢いで、
ぜったいに仕事をとってやる、みたいな気迫とともに 演奏を聴かせていただいた、というのを
よく覚えています。

なんだかこう書いてしまうとどうかな、と思うのですが、
玄関に入っていらしたその瞬間に何かが見える、と言いますか、
すでにそこから演奏が始まっていると言いますか。

そう、音楽ホールで演奏を聴くとき
演奏家が歩いてステージに入ってくる、その瞬間のような。

それがうちでは玄関なんですが
千絵ちゃんは玄関にすっと立った時に すでに気迫があって。

しかもいつもニコニコ。
ニコニコされて、嬉しくない人はいませんからね。
こっちまでニコニコしちゃいます。

さっきまでニコニコしてたのに、いざピアノの前に座るやいなや、
別人のように全身全霊をかたむけて音を出す、
その姿勢たるや、私の背中も伸びます。

本当に千絵ちゃんのまっすぐさ、そしてそのまっすぐだけでなく、太さも
この方の演奏から伝わってきて、私は胸が熱くなります。

いつしか「千絵ちゃんの演奏を聴きにきました」というお客様までいらっしゃるようになり、
あぁ、ちゃんと伝わったのだなぁ、と私は尊敬するのです。

続く



クリックしてくださり、ありがとうございます。
最近、このブログを見てくださる方が増えていて、本当にありがたく思います。
今日もありがとうございます。

こうして見てくださることが若い演奏家たちを応援してくださることにつながっています。
そして、これから演奏家になろうとしている、もっと若い人たちをも応援することにつながります。

そうそう、清田 千絵ちゃんの続き。

千絵ちゃんは、いつも上を見ています。
もっと楽しんでいただこう。
もっと自分にできることがあるのではないか。
もっと演奏の力をつけよう。

その、もっと、と思う気持ちが伝わる人です。
いつも謙虚に。

若い人たちはすごいです。
「今」という瞬間を一生懸命生きています。
私はそこから多くのことを学びます。

8/1 清田千絵ちゃんは夜の部で演奏します。

いずみホール 
18:00開場 18:30開演

渾身の演奏、聴きにいらしてください。

ご予約は音の葉のホームページから
http://otonoha-concert.com/contact.html
今夜はクルミドコーヒーで 「音の葉の夕べ」 開催します。

ヴァイオリン 山口 優香

J.S バッハの 「シャコンヌ」 をテーマに 演奏し、語ります。

「シャコンヌ」ってなんぞや??
私も楽しみです。

私、ながはらもどんどん質問しちゃおう、と思っています。
だって、「シャコンヌ」 わからないんだもん。

では今夜、クルミドコーヒーでお逢いしましょう。
(私に気が付かれたら、お声かけてくださいね!)
[PR]
by otonoha-concert | 2013-07-25 17:00 | 演奏者紹介