音の葉 Home Concert

otonoha429.exblog.jp
ブログトップ

生クリーム好きのフルーティスト

音の葉Home Concert ホームページ 
http://otonoha-concert.com

d0178669_2003687.jpg

                photo by HIKARU

演奏家紹介、今日は4日目。
フルート 福田 将史 をご紹介します。

福田将史のことを私たちは親しみを込めて「マーシー」と呼んでいます。
このマーシー、見た目は「おいくつですか?」って感じで、きっと面白い人に違いない、という
予感をさせる人です。
(マーシー、ごめんね。これ、最高に褒めてるから、笑)

そう、実際とっても面白いです。

「僕、生クリームが大好きなんです」と言って、クルミドコーヒーさんでのライブの後、おいしそうにケーキをぺろり。
そこにいるだけで、空気があったかくなる、そんな人です。

以前、音の葉Houseに奥さんの原田佳菜ちゃんと来てくれた時、私が生の落花生を茹でて
おやつに出したら、その落花生の皮で器用に笛にして、音を出して見せてくれたんです。

みんなでマネしてみました。
でも、とっても難しかった。

マーシー、手先がとても器用です。
すごいです。

北海道出身のマーシー、奥さんの佳菜ちゃんは鹿児島だから
北と南、かなり離れたところの出身。
フルート奏者同士で結婚するってどう?と思う方もおられるかもしれませんが、いえいえ
お互いが尊敬しあっていて、夫婦で演奏してもらったことが何度かあるのですが
さすがに息もぴったり、とっても素敵でした。

しかし、皆さん、ご存知ですか?
マーシーの隠れた練習方法。

どんなにテクニック的に難しいところがあっても、それを無意識でできるくらいじゃないと
本番ではできないから、とマーシーはフルートの教則本を使って、地道な練習を繰り返しているそうです。
メトロノームを使って 決して楽しいとは思えないフレーズを
ゆっくりゆっくりから少しずつ少しずつテンポを上げ、最後はそれが無理なくすらすらと吹けるようにする。

これには佳菜ちゃんもびっくり。

一度でも聴いてくださったことのある方には、マーシーはいとも簡単にフルートを吹くので
誰でもちょっと練習すればできるんじゃないか、と妄想してしまわれたのではないでしょうか。

それにはこんな普段のたゆまない練習があるのです。

マーシーが時に凛として、時に優しいのは、、、



d0178669_20204058.jpg

                   photo by HIKARU

私はこの方ほど、謙虚な人を知らない、そのくらい本当に尊敬しています。

プロのオーケストラにも所属しているマーシー、演奏してほしいとの依頼は引く手あまたと
思われるのに、そんなこと微塵もみせず、演奏する機会をくださり、ありがとうございます、といつも感謝の言葉をかけてくれます。

そんな人柄のマーシー、演奏からもそれが伝わってきて、
私は背筋が伸びる思いがします。

8 /1 真夏の響宴、そんなマーシーの演奏、ご期待ください。

演奏家紹介シリーズ、明日は5日目。
8/1の本番まで、できるだけ毎日、ご紹介していきますね。

5日目の明日はヴァイオリン 佐藤奈美をご紹介します。
伝説を作り続ける、佐藤奈美の魅力。

8/1 のご予約は音の葉のホームページ contactからどうぞ→●
[PR]
by otonoha-concert | 2013-07-22 20:52 | 演奏者紹介